龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

学長メッセージ

龍谷大学は、建学の精神=浄土真宗(親鸞聖人)の精神として豊かな人間力を養成するとともに、学術文化の振興に貢献しながら、1639年の創立以来、本年で373年目を迎えます。  本学は2010年度より、10年間の改革指針「第5次長期計画」に取り組んでいます。この第5次長期計画では、本学の「使命」と教育・研究・社会貢献の各領域における「基本方針」を定めるとともに、この第5次長期計画が完了した時点での到達すべき姿として「2020年の龍谷大学像」を掲げ、教育・研究・社会貢献・大学運営・施設整備計画の5つの分野で50を超えるアクションプランを策定しました。現在、学内の各部局がそれぞれ連携しながら、事業の推進に取り組んでおり、「世界で躍動する大学」、「自律的・主体的な学生を育成する大学」、そして、「多文化共生を展開する大学」となることをめざしています。

本学では、2015年4月に、瀬田キャンパス(滋賀県大津市)にある「国際文化学部」を深草キャンパス(京都市伏見区)に移転するとともに、新たに瀬田キャンパスに「農学部(仮称)」を設置することを決定し、具体的な開設準備をすすめることとなりました。これらの事業は、第5次長期計画で展開する諸改革を牽引するとともに、高等教育機関として本学に期待される課題に積極的に応えるもので、本学の充実・発展を期する重要な事業と位置づけるものです。 国際文化学部を移転することで、国際化を牽引する教学資源を集中させ、大学の中心から全学に国際化を発信して、多文化共生の実現を図ります。また、新たに「農学部(仮称)」を設置することにより、すべての「いのち」を育む「食」にかかわる教学展開を行い、建学の精神に基づいた豊かな人間性と世界の現実を見据える広い視野を備えた人間を育成し、その結果、第5次長期計画でめざす「将来像」の実現を図ります。

今後とも、第5次長期化計画の諸改革を通じて、本学が存立する京都・滋賀という地域と緊密な繋がりをもった大学として、知の創造に努めるとともに、地域から世界へ知の発信を行い、同時に世界から地域へ還元することを通じて、未来を創る総合大学の実現を図る所存でございます。

今後の本学の取り組みにご期待ください。

2012年4月10日
龍谷大学学長 赤松 徹眞


学長紹介 -学長メッセージ・対談等- ホームページへ

このページのトップへ戻る