最新情報

和歌山県印南町と地域社会の発展等を目的とした連携協定を締結

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年9月26日

協定書の調印を終え握手を交わす日裏町長と佐藤副学長
調印式で挨拶中の佐藤副学長
挨拶をされる日裏町長
挨拶中の深尾准教授
調印式後におこなった記念撮影

9月26日(金)、和歌山県印南町と龍谷大学が連携協力に関する協定を締結しました。
この協定は、印南町に全国初となる地域貢献型メガソーラー発電所「龍谷ソーラーパーク」を設置したことを契機に、印南町と龍谷大学が包括的な連携のもとで相互に協力し、地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的としています。
協定調印式には、本学から佐藤副学長、深尾 政策学部准教授などが出席し、印南町からは日裏町長などが出席されました。
また、協定書の内容については、以下のとおりです。
なお、直近の予定として11月に同町で開催される「印南かえるのフェスティバル」に本学の学生団体が参加する予定です。

1 協定書の名称   「印南町と龍谷大学との連携協力に関する協定書」
2 協定内容骨子
 (1)産業・観光振興に関する事項
 (2)教育・文化・スポーツに関する事項
 (3)次代を担う人材の育成に関する事項
 (4)まちづくりに関する事項
 (5)地域の活性化に関する事項
 (6)学生の成長機会の提供に関する事項
 (7)地球環境課題に関する啓発と学習に関する事項

地域貢献型メガソーラー発電所「龍谷ソーラーパーク」Webサイト

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る