龍谷大学

アジア・アフリカ総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 >アジア・アフリカ総合研究プログラム > 龍谷大学GP「イスラーム世界との大学間対話の試み」の実施について

龍谷大学GP「イスラーム世界との大学間対話の試み」の実施について

2012年11月5日

コム宗教大学ナッヴァーブ学長より記念品贈呈の様子

 2012年10月6日から15日にかけて、龍谷大学GP「イスラーム世界との大学間対話の試み」の一環として、アジア・アフリカ総合研究プログラムの教員3名、院生4名がイランを訪問し、コム宗教大学、国立シーラーズ大学で、日本仏教とシーア派イスラームの対話に関する講演を行いました。
反響は好意的で、両宗教初の本格的理解と対話のため、極めて有意義な機会でありました。両校との今後の学術研究交流に向けた話し合いもなされ、更なる連携強化を目指します。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る