龍谷大学

アジア・アフリカ総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > アジア・アフリカ総合研究プログラム > 専任教員からのメッセージ

専任教員からのメッセージ

専任教員からのメッセージ-アジア・アフリカから世界を知ろう-

西倉一喜 Kazuyoshi NISHIKURA 法学研究科教授(元共同通信北京支局長)

西倉一喜(にしくらかずよし)

アジアを語らずに、日本は語れない
グローバル化の波に洗われる世界で、東アジアは最も注目されるダイナミックな地域の一つです。高度成長を続ける中国と世界第二の経済力を持つ日本を中心に経済的な地域統合が進み、東アジア共同体構想をめぐる論議が高まっています。しかし、政治面では朝鮮半島や台湾海峡というホットスポットを抱え、安全保障上の脆さを払拭できていません。冷戦後に唯一の超大国となったアメリカと、未来の超大国となる潜在力を持つ中国が向き合う最前線であり、両者の間で日本は難しい進路選択を迫られています。
過去30年、この地域の変容を特徴付けるものは、経済の発展・統合と政治制度の進化であり、今まさに問われているのもアジア的文脈の多様性における持続可能な成長と政治の民主化です。アジアは日本の対岸ではなく、アジアは足元から広がっています。アジアについて大いに語り合いましょう。

ヤマンラール 水野美奈子 Minako Mizuno YAMANLAR 国際文化学研究科教授(元外務省研修所講師)

ヤマンラール 水野美奈子(やまんらーる みずのみなこ)

イスラーム世界を知りましょう
私はイスラーム世界の芸術を担当し、特にトルコ美術・文化について教育と研究を行っています。イスラーム世界は文化面、政治・経済面で国際社会に多大な影響を及ぼしています。
このプログラムでは、地域研究科目のアジアIIにおいて、イスラーム世界とともに南アジア、東南アジアの文化、社会および政治の諸側面について講義が提供されます。特別演習、総合研究科目と併せ、これら講義を通じ、受講生の皆さんのアジアIIで対象とする地域への理論的実践的理解が深まることを期待します。このプログラムは、皆さんが将来アジア・アフリカ地域の広範な視野を持った専門家として活躍していくまたとない機会となるでしょう。

→主な担当教員一覧

このページのトップへ戻る