龍谷GP(Ryukoku Good Practice)事業の目的・趣旨

龍谷GP事業は、本学の教学課題の解決や国の高等教育政策・補助事業の動向等を踏まえた全学的な取組又は複数学部・研究科等による横断的な取組や、各学部・研究科等における教育改革・教育改善に向けた意欲的な取組で全学的な波及効果が期待できる取組を選定し、そのためのスタートアップ経費として、一定期間重点的に財政支援を行うものです。

2016(平成28)年度の募集概要は以下のとおりです。詳細は、募集要項をご覧ください。

申請書提出期限

2015年7月17日(金)<厳守>

対象事業

龍谷GP事業の目的・趣旨に沿った以下の取組を対象とする。

【A】本学の教学課題の解決や国の高等教育政策の動向等を踏まえた全学的な取組又は複数学部・研究科等による横断的な取組

【B】各学部・研究科等における教育改革・教育改善に向けた意欲的な取組で全学的な波及効果が期待できる取組

事業期間

2年間~4年間

※本事業は当該取組に係るスタートアップ経費を支援する事業であるため、龍谷GP事業としての継続(ランニング経費の支援)は行わない。事業を継続する場合は、当該学部・研究科等の所管予算から捻出できるよう予算要求手続きを行う必要がある。

事業規模

各年度の予算総額は20,000千円を目処とする。

取組内容、申請状況等により上記予算総額を目処に、1件あたりの予算額及び選定件数を調整することがある。

なお、次年度の予算総額が既採択事業費のみで上記予算総額(20,000千円)を超える場合、新規募集は行わない。

申請経費の範囲

本事業の目的・趣旨に沿って経費を申請するとともに、申請に当たっては経費の使途の有効性を十分に検討し、計画に見合い且つ支援期間終了後も事業が継続できるよう、支援期間(2~4年間)における適切な規模の所要経費を算出することとする。

なお、学生が負担すべき費用(学生の負担軽減を目的とした費用)については、当該事業が経常事業となった際に、学生に不利益が生じないよう支援の対象としない。

応募方法(申請方法)

所定の様式に必要事項を記入し、以下の提出書類を2015年7月17日(金)<厳守>までに龍谷GP審査委員会事務局(教学企画部)へ提出する。

なお、応募(申請)にあたっては、実施担当責任者を定めた上で、学部長又は研究科長等の各部局の長が代表者として申請すること。

審査

申請書に基づくヒアリング審査:2015年9月中旬予定。

龍谷GP審査委員会が、申請書に基づくヒアリング審査を実施する。ヒアリング審査の日時・場所等については、別途同審査委員会より申請代表者に通知をする。

但し、応募(申請)件数が多かった場合は、一次審査として書面審査を行うことがある。

結果通知

2015年10月上旬予定(部局長会で採択取組を決定後、申請代表者に通知)

事業評価

事業評価については、「予備評価」(取組最終年度前期)と「事後評価」(取組期間終了後)を行う。

龍谷GP賞の授与

事業終了後、優れた成果をあげた取組については、「龍谷GP実施要項」に基づき龍谷GP賞を授与する。

本件に関する問い合わせ先

龍谷GP審査委員会事務局(教学企画部)<深草学舎和顔館1階>

担当:石橋

TEL:(外線)075-645-2163 (内線)1051

e-mail::dche@ad.ryukoku.ac.jp

募集要項および申請書

2016(平成28)年度龍谷GP(Ryukoku Good Practice)募集要項

2016(平成28)年度龍谷GP(Ryukoku Good Practice)申請書 < 様式 >

龍谷GP(Ryukoku Good Practice)実施要項

このページのトップへ戻る