国際文化学研究科(国際文化学専攻)の「教育理念・目的」と「3つの方針」

国際文化学研究科の教育理念・目的

国際文化学研究科は、建学の精神に基づいて、多様化する国際社会を適切に理解し、高度な専門知識をもって国際社会で活躍できる人材を育成するとともに、国際文化学の発展に貢献できる研究者を養成することを目的とする。

国際文化学専攻

教育理念・目的

  • 修士課程は、国際文化学に立脚しながら、多様化する国際社会において、高度な専門性や実践能力が求められる職業を担うことのできる人材を育成し、国際文化学を専攻するに必要な学識を深め、研究能力を高めることを目標とする。
  • 博士後期課程は、国際文化学に立脚した専門分野において自立できる研究者を養成することを目的とし、高度な専門性や学識、研究能力が要求される国内外の研究機関にて活躍し、国際文化学の発展に貢献できる人材を養成する。

学位授与の方針

大学院学生に保証する基本的な資質

修士課程

    備えるべき能力
  • 国際文化学を総合的に理解できる。
  • 各自の研究分野を国際文化学の理論や方法論の中で位置づけることができる。
  • 多様化する変化の著しい国際社会を的確に把握・分析し、研究に反映させることができる。
  • 研究テーマを説得力のある論文として構築できる。
    将来発揮することが期待される能力
  • 国際文化学の総合的知識や専門分野の知識を、職業や研究で多角的に活用できるようになる。
  • 職場や研究機関など実践の場において、国際社会の実情を的確に理解・把握・分析できるようになる。
  • 職場や研究発表の機会において、理論的なプレゼンテーションと文章表現ができるようになる。

博士後期課程

    備えるべき能力
  • 国際文化学の理論や方法論を、より高度な学識として発展させることができる。
  • 各自の研究分野を国際文化学の中で位置づけながら、創造性や独創性を加えることができる。
  • 多様化する変化の著しい国際社会を的確に把握・分析しつつ、専門性の高い職業や研究のなかで迅速に活用できる。
  • 独創性のある研究テーマを高度な学術論文として構築し、自立した研究者として国内外から評価を得ることができる。
    将来発揮することが期待される能力
  • 各自の専門分野を国際文化学の視点から多角的に発展させ、深い学識と研究能力を身につけることができるようになる。
  • 自立した研究者として、蓄積した専門知識、研究成果を、研究機関等で十分活用できるようになる。
  • 創造性・独創性のある研究を継続して行い、国内外の評価を受け、当該分野の研究者として活躍できるようになる

学位授与の諸要件

修士課程

  • 修士課程に2年以上在学すること。
  • 国際文化学研究科修士課程所定の単位(32単位)を修得すること。
  • 必要な研究指導を受けたうえ、修士論文を提出してその審査および最終試験に合格すること。

博士後期課程

  • 博士後期課程に3年以上在学すること。
  • 国際文化学研究科の所定の授業科目について12単位以上を修得すること。
  • 必要な研究指導を受けたうえ、博士論文を提出してその審査及び最終試験に合格すること。

教育課程編成・実施の方針

修士課程

  • 国際文化学の理論と研究方法を修得するため、共同演習型科目の「国際文化学」を設置、また研究成果の発表を行う共同研究会型科目の「コアーセミナー」を設置し、教育課程とその実践を連携させる。
  • 「国際文化学」は初年次に配当し、国際文化学という学問領域を理解し、その研究理論、研究領域、研究方法などについて基礎知識を修得するよう指導する。その後、各自の研究テーマを国際文化学の中で体系化する。
  • 「コアーセミナー」においては、各自が設定した研究テーマ、選択した研究方法、構築した理論などの発表を通じて専門的な知識を深め、修士論文作成の基礎的準備を支援する。また同科目では、学術研究会や国際学会などへの参加を積極的に行い、専門職に対する意識の向上を図る。
  • 専修科目の設置科目を「エリアスタディーズ」「グローバルスタディーズ」「日本研究」「言語・教育」の科目群に分類し、科目群ごとに体系立てた履修ができるように教育課程を編成する。
  • 多様化する国際社会に対応するため、フィールドワークや留学を可能な限り教育課程と連携させ、より深い専門的知識の修得を図る。

博士後期課程

  • 「演習」の指導を通じて、専門的知識を深め、研究会や学会への参加・発表、学術誌への投稿を積極的に奨励し、フィールドワークまたは留学を支援し、国内外での研究者との交流を深め、将来の専門家として育成する。
  • 学会での発表、学術誌への投稿をふまえ、独創性のある博士論文の構築作成に結びつける。

なお、研究科共同運営コース(プログラム)の「教育課程編成・実施の方針」については、以下のとおりとする。

アジア・アフリカ総合研究プログラム(法学研究科・経済学研究科・国際文化学研究科)(修士課程)

  • 「学位授与の方針」に示した資質等を獲得するため、初年度に「プログラム特別演習」を実施する。また、三研究科(法学研究科、経済学研究科、国際文化学研究科)における専門能力を修得し、アジア・アフリカ地域研究に必要な知識・能力を得るため、研究科を横断した科目群を設け、体系的な教育プログラムを編成する。
  • フィールド調査能力強化のため、フィールド調査費補助制度を設け、積極的なフィールド調査支援を行うとともに、最終的にその成果を修士論文にまとめるよう指導する。(修士号取得のための指導は、各研究科の教育課程編成に従って実施する。)
  • プログラムの教育的統合性を維持・強化するため、通常の運営プロセスに加えて、教員及び院生の研究発表、意見交換、各種ワークショップ、またはフォーラムを随時開催する。

入学者受入れの方針

修士課程

修士課程では、国際文化学に立脚し、各自の専門性を活かした職業を担うことができる人材を育成するため、次のような人を求めている。

  • 自らの研究テーマを国際文化学の理論と方法論で研究することを目指す人
  • 国際社会で自らの専門性や実践能力を示そうと志す人

博士後期課程

博士後期課程では、高度な専門性や学識、研究能力が要求される国内外の研究機関にて活躍し、国際文化学の発展に貢献できる人材を養成するため、次のような人を求めている。

  • 国際文化学に立脚した専門分野において、自立した研究を目指す人
  • 多様化した国際社会で、創造性・独創性のある研究活動を志す人

このページのトップへ戻る