親和会だより

【龍谷大学施設めぐり】瀬田学舎SETA DOMEと青朋館

 昨年春に竣工した瀬田学舎の「SETA DOME(セタ ドーム)」。そして、この3月に竣工した「青朋(せいほう)館」。そこで、この度は素晴らしいこの二つの施設にスポットを当て「施設めぐり」の取材を行った。
 「SETA DOME」はグラウンドに隣接し、とにかく高さ約15m、広さ約2000m2と広大な全天候型の施設で、体育の授業を始め、野球部や女子ソフトボール部などの練習場として多目的に使用され、内外から注目を浴びている。写真にあるように白い屋根のドームはそのフォルムも美しい。プロ球団並みの施設という声も聞く。
 この「SETA DOME」からグラウンドを挟んで東側に、課外活動サークルのための施設として「青朋館」がある。延床面積が約2290m2の2階建てで、1階は体育系サークルのロッカールームやシャワールーム、監督室などの施設が充実。2階は音響設備がきっちり整った吹奏楽部等音系サークルの練習室となっておりパート別や100名規模の合同の練習ができる部屋、指揮者室など形態に合わせての練習が可能になっている。
 このように、相次いで瀬田学舎に学生のための活動施設が竣工したことで、瀬田キャンパスはますます活気づいている。

SETA DOME外観 SETA DOME外観
SETA DOME外観。白いドームのフォルムは美しい

青朋館外観
青朋館外観。グラウンドのすぐ横に隣接。
青朋館2階では吹奏楽部が練習を行なっていた。
青朋館2階では吹奏楽部が練習を行なっていた。

1階の体育局本部入口、このようなロッカールームが並ぶ
1階の体育局本部入口、このようなロッカールームが並ぶ
個別練習やパート練習が可能な練習室
個別練習やパート練習が可能な練習室
ドーム内部
ドーム内部は明るく広大なスペース


←前ページへ ↑目次ページへ戻る 次ページへ→