親和会だより

龍谷大学での学生生活

龍谷大学には、個性豊かな学生がたくさん在籍しています。
今回は、龍谷大学で学んでいることや力を入れて取り組んでいることを学生に聞いてみました。学生の魅力や個性を感じてください。


学生への質問事項

@受講している、または受講していた講義名
A受講している、または受講していた講義について
B大学入学後、変わったと思うこと
C大学卒業までに、実現したいこと
D現在、力を入れて取り組んでいること
文学部 哲学科教育学専攻 3年次生 牛山 朋美

@教育心理学演習T/障害児教育方法学/臨床心理学/経済原論

A経験や思考に照らし合わせながら講義の内容を深める、教育学専攻心理コースの仲間の様子から、大学は自ら働きかけることで、学びを追求できる環境だと感じています。

Bすべての出会いに感謝できるようになったこと!

C視野を広げるため、幅広い分野の教養をより多くの書物や講演・人から学び、高めたいです。
そして、卒業前に今までお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えたいです。

D老人ホームや児童館でのボランティア活動に力を入れており、様々な年代の方の生き方や生きる力に刺激を受け、それらを尊重し支え合いながら活動しています。

経済学部 経済学科1年次生 内山 友詩

経済学部 経済学科1年次生 内山 友詩

@環境地理学

A大学の講義を受講していく中で、何事も自分から積極的に参加しなければ、何も得ることができないと感じました。

B視野が広がったこと!

Cたくさんの場所に旅行し、その国の人々の様子や生活の雰囲気を実感したいです。大学生活最後の年、限られた時間を有効に活用して楽しみたいです。

D5月に開催した卒煙シンポジウムで、リーダーを務めましたが、みんなの意見を一つにまとめることに苦労しました。このシンポジウムに関する卒業論文に力を入れています。

経営学部 経営学科 3年次生 福本雄

経営学部 経営学科 3年次生 福本雄

@実践・事例で見る中小企業経営/専攻演習T/国際経営論/上級英語SI

A経営学部の講義の中には、様々な職種の企業人から直接話を聞くことができる講義もあります。企業の実態をより詳しく把握でき、幅広く学習ができます。

B実行すると決めたら、即行動するようになったこと!

C経営学部の学生全員にゼミナール連合会※@の存在を知ってもらい、実際の活動を通して、ゼミナール連合会が経営学部の中心となる組織にすることです。

D後期に経営学部ゼミナール連合会の主催で行う、3年次生ゼミを参加対象とした「学内ゼミ研究発表会」という大会に向けての企画構成や情宣活動に力を入れています。

※@ゼミナール連合会
ゼミ間の連帯相互協力の下、学問研究の質的・量的発展向上を学生の立場から実践していくという設立趣旨の下で活動している。
法学部 政治学科 3年次生 前田藍子

法学部 政治学科 3年次生 前田藍子

@演習T/発展コミュニケーション英語/民法V/基礎演習(クラスサポーター※Aとして、参加)

A法学部クラスサポーターとして、1年次生の基礎演習に一緒に出席しています。授業前に資料の準備、授業中は模擬発表などを行い、先生と学生のパイプ役を担っています。

B人との出会いが本当に面白いと感じるようになったこと!

C学内で留学生と関わった経験を活かし、世界各国に友達を作ったり、食文化の体験をしてみたいです。そして、たくさんの異文化を学びたいです。

D12月に行われる政治系演習合同討論会に力を入れています。後々、振り返ったときに討論会関係者同士の思い出話で笑いあえるような、素敵な討論会にしたいです。

※Aクラスサポーター
2年次以上の学生で、教員と1年次生との架け橋としてゼミナールの活性化を促している。時には学生生活全般の相談役となることもある。
理工学部 機械システム工学科 4年次生 ほうとう

理工学部 機械システム工学科 4年次生 ほうとう

@流体工学T/材料力学U/設計製図/物理学

A流体工学Tでは厳しい先生のもと、受講生は静かにノートを取っています。時々先生が出席カードの裏に書かれた講義の感想文紹介の中から面白い質問を紹介します。

B社会に対する価値観

C高校卒業後に日本へ留学したので、中国(出身国)の大学でも物理関係の講義を受けてみたいです。そして、日本と中国での講義の違いを実感したいです。

D現在、地球環境を守るため、新方式風力発電システムをテーマとした卒業研究に力をいれています。早く成果を出せるように日々頑張っています。

社会学部 社会学科 4年次生 亀本伊純

社会学部 社会学科 4年次生 亀本伊純

@社会学演習UA

A社会学演習UAでは、「チームワーク」、「心のコーチング」など、スポーツに関する発表を行いました。現在は「勝つ条件」について研究を進め、自分のためにも繋がっています。

B自己責任力!

Cこの夏ソフトボールでユニバーシアード競技大会に出場するので、自分の役割を果たし、いい結果を残したいです。そして、日本に金メダルを持って帰りたいです。

D現在ソフトボール部の副主将としてチームを引っ張っています。最後の年となる今年は、チーム一丸となり全国大会で優勝することを目標に日々頑張っています。

国際文化学部 国際文化学科 4年次生

国際文化学部 国際文化学科 4年次生

@演習V/中央アジアの文化/現代社会と宗教/国際政治論

A演習Vでは、在日外国人問題について、英語で意見交換を行っています。クラスメイトは、流暢な英語で会話しています。

B何事にも積極的にチャレンジするようになったこと!

Cオーストラリアでの留学、ドイツでの地元小学生と植物の紹介掲示板作成などのボランティア経験から、この夏は自然遺産をテーマに日本列島を横断します。

D初心に返って、法要や仏教行事への参加や一年次で学習した仏教の勉強をしています。夏休みの課題として、仏教論文に取り組みたいです。

短期大学部 社会福祉科 2年次生 本城加奈恵

短期大学部 社会福祉科 2年次生 本城加奈恵

@児童福祉論/小児栄養/養護内容/基礎技能 体育

A短期大学部の講義は、机に向かっての勉強だけでなく、実習などで活用できるレクレーションや手遊び、演劇など、実践的に学ぶ授業が多く、とても楽しいです。

Bどんな場面でも「楽しむ」ことができるようになったこと!

C車や保育士の免許や、英語検定などの資格を取得すること。また、アコースティックギター担当として、アコースティックギターサークルの演奏会に参加すること。

Dアコースティックギターや小さい頃から続けているピアノに力を入れています。また、去年から勉強を始めた韓国語にも力を入れています。

法科大学院 法務専攻 3年次生 佐伯菜緒

法科大学院 法務専攻 3年次生 佐伯菜緒

@公法総合演習/要件事実論/刑事実務総合演習/倒産法T

A法科大学院の講義は、少人数制で学生の発言機会が多く、先生・学生の距離が近いと感じます。このような環境で、学生は日々積極的に講義に取り組んでいます。

B勉強の時間量!

C大学卒業後、司法試験に合格すれば実務家となるので、大学院卒業までに実務家として備えるべき基本的素養を身につけたいです。

D司法試験まで1年弱となったこともあり、現在はこれまで法科大学院で培ってきたものを本番の試験にいかすための勉強に力を入れています。

経済学部 経済学科 3年次生 国際関係コース 伊藤結花

経済学部 経済学科 3年次生 国際関係コース 伊藤結花

@スペイン語セミナーC/ヨーロッパ研究B/アジア企業経営論/国際環境法

Aスペイン語セミナーCでは、先生がチリ人で活きたスペイン語を学べます。授業中、先生や他の学生と実際にスペイン語で会話することが楽しいです。

Bたくさんの方と関わったことで、自己判断力がつき、視野が広がったこと!

Cスペインに留学に行き、スペイン語の語学力を上げたいです。また、留学生寮チューターの仕事を任期までやり遂げ、この経験をスペイン留学に活かしたいです。

Dスペイン留学に向けての勉強や、外国人登録申請証の記入の補助、留学生交流パーティーの企画などを行う留学生寮チューターとしての活動に力を入れています。

留学生別科 バンコフスキーダニエル

留学生別科 バンコフスキーダニエル

@日本の社会・文化/日本語A

A自分の国(オーストラリア)の学生と比べると日本の学生は講義中とても静かだと思いました。講義を全部日本語で受けることが、初めは大変だったけど、慣れたら楽しくなりました。

B納豆を食べられるようになったこと!

C先生になるため、英語を教えるお手伝いをして、経験を積んでいきたいです。

D日本語の勉強、特に漢字や敬語の使い方などに力を入れています。

経済学部 経済学科 4年次生 石田賢史

経済学部 経済学科 4年次生 石田賢史

@社会科教育法/道徳教育指導法/教職総合演習/教育実践研究U(すべて教職に関する科目)

A教職に関する科目の講義を受講して、深い友人ができました。講義は、グループで活動することが多く、協力しあう中でより深い人間関係を築くことができました。

B両親への感謝の気持ち

C将来、教員になるための素質を身につけること。様々な問題に対して多角的に観て考え、何事も冷静に判断できるような人間になりたいです。

D日々行う事のすべてです。何事にも全力で取り組み、今このときを大事にして、一度しかない人生を悔いのないよう、生きることを楽しむようにしています。

経営学部 経営学科 2年次生 本田憲吾

経営学部 経営学科 2年次生 本田憲吾

@現代企業の成り立ち/ヨーロッパの歴史C/経営管理論/経営情報システム論

Aどの講義も『専門家』がお話されるので話が深いです。講義後に質問をすると、更に深い学問の世界へ連れて行ってもらえます。

Bたくさんの人々との触れ合いにより、人格が成長したこと!

Cキャリアサポーター※B内で立ち上げた大プロジェクトである講演会を完成・実行すること。ゼロからの積み上げですが、できるところまで頑張ります。

Dキャリアサポーターのプロジェクト遂行(OB・OGとの交流会)と専門課程から一般教養までのすべての勉強。企業と連絡を取ることはとても緊張します。

※Bキャリアサポーター
1・2年次生を中心とした、キャリア開発部のサポートスタッフのこと。学内企業セミナーや各種就職ガイダンスの運営を手伝ったり、講演会・勉強会などの自主企画を行っている。
理工学部 数理情報学科 3年次生 冶田麻希

理工学部 数理情報学科 3年次生 冶田麻希

@総合演習/関数論および演習/非線形解析/パターン認識

A関数論および演習は2コマ連続授業で、演習の時間にはT
A※Cさんがきめ細かい指導をしてくれます。気さくな方が多いので毎週この時間が楽しみです。

B何事にも積極的になれたこと!

C利用者さんの質問に分かりやすく・迅速に・親切に応えられるLA※Dになりたいです。さすがLA!と思って頂けるようになるのが目標です。

D夏休みに参加するBIE Program※Eの事前準備に力を注いでいます。ネイティブの先生による英語指導や現地の様子を教えてくれる講義は、とても興味深いです。

※CTA
ティーチング・アシスタントの略。龍谷大学に在籍している大学院生が、学部や大学院の講義や実験・実習の補助を行っている。

※DLA
ラーニング・アシスタントの略。龍谷大学に在籍している学生が、教育補助員として、学生のパソコン操作補助や、講義や講座の収録・撮影、編集を行っている。

※EBIE Program
英語学習、インターンシップ、講義を組み合わせた留学で、5週間のプログラムと半年間のプログラムの2種類がある。




←前ページへ ↑目次ページへ戻る 次ページへ→