親和会だより

海外友好セミナー in ハワイ

9月2日(火)から10日(水)の間、ハワイで海外友好セミナーが実施され、約60名が参加しました。
海外友好セミナーは、一般の海外旅行とは違い、現地の学生と交流する時間がたくさんあることが大きな魅力となっています。今回、海外交流委員会の黒崎翔太さん(理工学部3年生)にお話を伺いました。



■今年のイチオシ企画!

 実行委員みなさんが特におすすめだった企画は、浄土真宗本願寺派ハワイ別院との交流会。ハワイ別院職員や現地学生との懇談や、ハワイ別院近くのビーチでバーベキューなどが企画されました。ハワイ別院との交流会は、一般の旅行会社ツアーではまず体験することができない、龍谷大学の海外友好セミナーならではの手作り企画であり、今年のイチオシ企画でもありました。
  また、アリゾナ記念館とパールハーバー見学もおすすめ企画のひとつ。当時の戦争体験者と交流でき、日本とは違う視点で太平洋戦争の体験話が聞くことができ、貴重な経験となりました。

■黄色いスクールバス

 セミナー中に、スクールバスで移動する日がありました。海外ドラマなどで学生たちが乗る、黄色いバスを見たことはないでしょうか。黄色いバスがハワイではスクールバスとして利用されています。このスクールバスは、日本では絶対に乗ることができないため、今回、特別に手配してもらった海外友好セミナー実行委員こだわりのスクールバス。参加者は、このスクールバスに乗り、現地の学生気分を味わえました。



■参加者のニーズに応えたい

 企画段階で学生ニーズを集めることができるか、学生が求めていることをどのように企画に表していくかを意識して、毎年度海外友好セミナーが企画されています。
  具体的な事例を挙げると、昨年は、シンガポールとマレーシアで海外友好セミナーをおこなったが、移動の距離が遠く、移動時間がかかってしまいました。このことを活かし、今回は近い距離でたくさんの観光スポットがある、ハワイで海外友好セミナーをおこなうことが決定されました。また、事前に学生へ海外友好セミナーに関するアンケートを実施し、その集計結果も訪問先決定の参考としました。
  参加者も楽しみ、海外友好セミナー実行委員も楽しむことを念頭におき、一人でも多くの参加者に楽しんでもらうことが海外友好セミナー実行委員の思いです。

■海外友好セミナー実行委員のやりがい

 海外友好セミナー実行委員として、一から企画を考えて実施したので、達成感を得ることができました。また、初めて海外友好セミナーに参加する学生も、同じ龍大生である海外友好セミナー実行委員が困ったことなどにサポートするので、安心感を持ってもらえ、頼ってもらえたことがやりがいを感じる面でした。







←前ページへ ↑目次ページへ戻る 次ページへ→