親和会だより

龍谷大学のま〜るいカフェ(深草学舎)

 2006(平成18)年4月12日深草学舎に、障がい者が働く「カフェ樹林」がオープンしました。
  カフェでは、本学のノーマライゼーションの理念(障がい者を含む多様な人間が、補い合い、活かしあって暮らす社会こそノーマルな社会であるという考え)を実践し、地域社会に発信していくものです。そして、障がい者雇用の場と雇用サポートの場を創出し、障がい者に希望を与えるとともに、学生が実習生として共に働き、障がい者を支援することで支援方法や福祉課題を実践的に学ぶ場にします。



「樹林」とは・・・・
  緑豊かなキャンパス内で木々のさわやかな風を感じながら憩い、樹々が成長するように人も成長し、人間と人間との関係を育む場となってほしいという願いが込められています。



カフェ樹林で働いている方にお話を伺いました。

☆ 樹林で働いていて楽しいことは?
リピーターのお客様も増え、学生さんとの交流も増えました。
短期大学部の実習生とも仲良くなることができ、障がいへの理解も増え、スタッフ一同とても嬉しく思っています。

☆ 一番オススメのメニューは?
クリームキューブレット(300円)です。自家製食パンを焼き、メープルシロップをかけ、ソフトクリームをのせました。下が温かく上は冷たい人気商品です。
是非、一度食べに来てくださいね。

☆ 今までに、一番苦労したことは?
「カフェ樹林」のオープン前から準備やフードを作る練習などで、大変な思いをしました。
しかし、今ではお客様がたくさん増え、あの時にがんばった甲斐があったと思っています。

☆ どのようなお店を目指していますか?
たくさんのお客様から愛されるお店。
そして、「龍大へ来たら、樹林で食べよう」と思っていただけるお店をめざしています。



●営業日/月曜日〜金曜日 (土・日・祝日は定休日)
●営業時間/10時〜16時 なお、店内フロアは21時30分までご利用いただけます。
●席数/40席+カウンター

☆もちろん、一般のお客様もご利用になれます。







←前ページへ ↑目次ページへ戻る 次ページへ→