親和会だより

2009年度 親和会事業計画

【保護者対象事業】

@第48回親和会総会の開催
A全国保護者懇談会(大学との共催)の開催
B三者共催事業(大学懇談会、龍谷大学創立370周年記念事業「全国8都市リレーイベント」、
  龍谷大学ホームカミングデー)の開催
C「親和会だより」の発行、HPの作成・更新
D保護者への成績表送付事業支援
E本願寺派学校保護者会連合会の活動
Fセミナーハウス「ともいき荘」の開館

【学生・大学支援事業】

@学生救済型奨学金をはじめとした、親和会奨学事業の実施
A自然災害救済支援活動の実施
B教育・研究活動等への支援を目的とした、親和会助成事業の実施
C入学記念品の贈呈
D課外活動、就職・キャリア開発支援等の、大学の学生支援事業への助成
E京セラドーム広告等の、広告事業の実施
F龍谷大学創立370周年記念事業募金への協力
G将来的な展望にたっての奨学金・学生施設等への積立金事業

2009年度 龍谷大学親和会予算
支出の部

2008年度 龍谷大学親和会決算
支出の部


2009年度 新会長就任ご挨拶 親和会 会長 仲邑眞

 5月9日(土)に開催された、龍谷大学親和会総会において、今年度(2009年度)より、会長に就任致しました仲邑でございます。
 2001年度に親和会に籍を置く機会を頂き、副会長として、七年間親和会事業に携わって参りましたが、今年度からは、会員数約二万人の会長という大役に就任し、重責を感じております。
 今年度は、折しも龍谷大学創立370周年という大きな事業が多く開催される年でもあり、大学としてもこの機会に『世界でも有数な歴史のある龍谷大学』という名前を全国的に広めていきたいという思いであります。
 親和会におきましても、大学と同じ思いであり、卒業生の組織である校友会とともに、大学創立370周年記念事業の成功を願っております。
 今後も親和会は、保護者の立場から、大学・学生を支援し、学生達がより充実した大学生活を送れるように、努力してまいる所存でございます。
 どうぞ親和会事業にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、会長就任のご挨拶とさせていただきます。


会長退任にあたって 親和会 前会長 岩田隆昭

 慈光照護の下、親和会役員の皆様方におかれましては、益々のご健勝にて、ご活躍の段、大慶至極に存じます。
 在任中は、本部役員の皆様をはじめ、地方理事の皆様・親和会会員の方々、そしてその他関係各位の皆様方のご協力に支えられ、約七年間の任務を、無事終えることができました。深く御礼申し上げます。
 定期的な諸行事や記念行事など、いろいろと心に残る思い出も多数ありますが、特に大学との共催事業である「全国保護者懇談会」で、地方の会場に参加しました折、保護者の方々から直接、大学に対する要望や悩みを聞かせていただき、それぞれの不安と希望を持ちながら、子供たちを修学させている保護者の心情を知ることができました。完璧にとはいかなくても、大学はそれらの問題にも積極的に取り組んでくださり、親和会もいろいろな事業を通し、子供たちも保護者の方々も、この学校を選択して良かったと安心していただける、そういった土壌づくりに専念致してきました。
 本学は歴史的にも国宝的資料を多数有する大学です。この豊かな歴史を有する大学の精神は、浄土真宗のみ教えであり、「親鸞聖人」のみ教えを建学の精神とした大学です。
 すべてのいのちを大切にする「平等」の精神
 真実を求め真実に生きる「自立」の精神
 常にわが身をかえりみる「内省」の精神
 生かされていることへの「感謝」の精神
 人類の対話と共存を願う「平和」の精神
 親和会にも、この伝統ある精神が代々受け継がれてきました。
 仲邑新会長のもと新しい親和会が出発いたしますが、この精神を継承し、大学と親和会が益々発展して行く事を念願致しまして、私の退任の挨拶に代えさせていただきます。


2009年度 龍谷大学親和会 本部役員紹介





←前ページへ ↑目次ページへ戻る 次ページへ→