レファレンス・FAQ一覧


Question
R-LINEで、住基台帳法の解説記事を探したのですが、みつかりません
  1. Answer

    Q.R-LINEで、住基台帳法の解説記事を探したのですが、みつかりません。


     


     


    A.R-LINEでは、法律の略称名では検索できないこともあります。その場合は、正式な法律名を検索してから、探すことになります。


     もしインターネットにつながっている状況であれば、総務省の「法令データ提供システム」を使うと便利です。「法令索引検索」の「法令名の用語索引」に「略称法令名一覧」がありますので、クリックします。


     略称法令名が、「あいうえお」順と「アルファベット順」になっているので、今回は「こ」をクリックします。


     すると、「住基台帳法」は、正式な法律名が「住民基本台帳法」(昭和42年法律第81号)であることがわかります。


     「住民基本台帳法」と入力して検索すると8件ヒットしました(2013年10月時点)。


     


      また、法改正によって法律名が変更されてしまうこともあります。その場合も正式な法律名を探して検索をしないといけません。


    たとえば、特定商取引法は、平成12年の「訪問販売等に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律の改正」によって、法律名が「特定商取引に関する法律」に変更されました。


    法律名が変更されたかどうかを確認するには、国立国会図書館のデータベース「日本法令索引」が便利です。たとえば、「横断検索」で、法令名に「特定商取引法」と入力して検索すると、法改正の履歴が表示されます。すると、現在の法律名の少し下に法律が制定された当時の名前が「制定題名」として示されています。また、法改正の履歴をみると、「題名改正」がいつあったのかが一目でわかるようになっています。


     

    →このページのトップへ戻る    →FAQ一覧へ戻る

→ホームへ戻る