第96回創立記念降誕会

創立記念降誕会とは、本学の創立記念日であり、浄土真宗の開祖親鸞聖人のご生誕日(5月21日)をお祝いし、本学の特色である「建学の精神」を様々な催しによって伝える学生主催の行事です。
創立記念降誕会は、明治20(1877)年に、始業したばかりの普通教校(本学の前身)の学生有志によって親鸞聖人のご生誕をお祝いする法要として始められました。

今年で第96回を迎え、「建学の精神」に一人でも多くの人々に触れていただくことを活動目的にしています。

第96回創立記念降誕会イベント一覧はこちら

第96回創立記念降誕会実行委員会

行事予定

  • 会場 : 深草・瀬田・大宮学舎、学外(西本願寺、円山公園など)
  • 主な行事 :
  • ※詳細は降誕会ホームページ参照
常燈明分燈式

本学の建学の精神である親鸞聖人のみ教えが今日まで継続しているということを、また、参加者に本学の建学の精神を心の中に灯し続けていただくために、西本願寺において常燈明分燈式を行います。

オーバーナイトハイク

オーバーナイトハイクでは、夜間に約50kmもの行程を二人一組で歩くことで、自然の大きさ、人間の小ささ、普段当たり前と捉えがちな文明のありがたさを感じ、自分は一人で生きているのではなく、生かされていることに気付く催しです。道中に辛いときに励まし合える友がいてくれることの素晴らしさを参加者に感じ取っていただきたいと思います。約50kmを完歩したときの大きな喜びは、これから生きていく上で大きな自信になると思います。

オーバーナイトハイク

提灯行列

この提灯行列は、毎年二千人近い参加者が円山公園~四条通り~河原町通り~御池通り~三条鴨川河川敷までを提灯を持って歩く、創立記念降誕会の大規模な行事で、この時期の京都市内の名物です。親鸞聖人のみ教えが、今日まで受け継がれている象徴である常燈明を参加者の提灯の灯として分燈し、提灯行列に参加することで、参加者は建学の精神を身近に感じることができます。

提灯行列

メインデー

メインデーでは、フラワーボトルづくりや、親鸞聖人ツアーというスタンプラリー形式のイベント、GOTANE-PARTYというステージ形式のイベントで建学の精神を伝えるイベントを行います。また、深草宗教企画やゲストイベント、模擬店フリーマーケットも行います。

過去の創立記念降誕会のテーマとゲスト


(年度)
テーマ ゲスト
96(2016) 芽吹く 竹内順子、井上和彦
95(2015) 花笑み

中尾隆聖、田中あいみ

94(2014) 中田譲治、植田佳奈
93(2014) 結~むすぶ~ 藤原啓治、小林ゆう
92(2013) 皆華

若本規夫、大亀あすか

91(2012) あらた 笑福亭松喬、山口勝平、平田広明
90(2011) 雪解け ルー大柴、ひろさちや
89(2010) きづく 五木寛之、中川家、ザ・プラン9、span!、ハム、和牛、茉奈佳奈
88(2009) 新型インフルエンザのため中止
87(2008) 縁(えにし) 松尾スズキ
86(2007) いろイロ色 畑正憲、金子貴俊
85(2006) 伝えたい-5つの種- 金村義明、はな
84(2005) アグネスチャン、室井佑月
83(2004) 北野大、KABAちゃん
82(2003) 五つの音色 中田久美、テツ&トモ
81(2002) 灯~ともしび~ 妹尾河童、筒井康孝、ハックルベリーフィン
80(2001) 和~やわらぎ~ 柳生博、大川豊、藤岡弘、BARGAINS
79(2000) 響-ひびき- 大仁田厚、はらたいら、B.B.B.B
78(1999) 大きくな-れ! キートン山田、次長課長、G☆MENS、江夏豊
77(1998) 花、咲かそう 神谷明、シャンプーハット、今井雅之、谷山浩子、サバンナ
76(1997) 「あっ見つけた」 高田延彦、区麗情、北野誠、つぶやきシロー、金谷ヒデユキ
75(1996) 一歩一歩もう一歩 ピーターフランクル、おおたか静流、デーブ大久保、水玉れっぷう隊、プラスチック・ゴーゴー、美濃・長岡
74(1995) いぶき 堀江健一、オスマンサンコン、千原兄弟、メッセンジャー、杉岡みどり
73(1994) 僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る ノッポさん、栗山英樹、早坂好恵
72(1993) ふれあい 羽野昌紀、ポール牧、中松義郎
71(1992) 西川のりお、田中律子、小林完吾
70(1991) まごころ 生稲晃子、越前屋俵太、獣神サンダーライガー
69(1990) 成長 キューティー鈴木、山田雅人、横尾忠則
68(1989) 今遭う 掛布雅之、芳本美代子、わたせせいぞう
67(1988) よろこび ばんばひろふみ、北条不可思、難波利三、笑福亭釣瓶
66(1987) 鼓動 やしきたかじん、三國連太郎、官野比呂美、松林宗恵

このページのトップへ戻る