授業休止の取扱基準

制定 平成28年2月25日

1. 気象警報の発令又は交通機関の運行中止に伴って授業・定期試験(以下「授業等」という。)を休止する場合は、この基準に基づき実施する。

2. 京都府南部、大阪府、滋賀県南部、兵庫県南部(阪神)のいずれかの地域に暴風警報、暴風雪警報、特別警報又は特別警報に位置付ける警報(以下「警報」という。)が発令された場合、次のとおり休講措置を実施する。

(1)午前6時30分時点で警報が発令されている場合は、1・2講時の授業等は休講とする。
また、午前6時30分から第1講時の授業開始前までの間に警報が発令された場合も同様とする。

(2)午前10時30分までに警報が解除された場合は、3講時から授業等を実施する。
なお、午前10時30分を超えて警報が発令されている場合は、5講時までの授業等は休講とする。

(3)午後2時までに警報が解除された場合は、6講時から授業等を実施する。
なお、午後2時を超えて警報が発令されている場合は、午後2時以降の授業等は全て休講とする。

(4)授業等の実施中において警報が発令された場合は、その都度、警報の緊急性及び交通機関の運行状況等を考慮の上、学長が休講措置の実施時刻を判断する。

3. 下記交通機関(以下「JR等」という。)のうち2つ以上が全面的又は部分的を問わず運行中止となった場合、次のとおり休講措置を実施する。
瀬田学舎に関しては、下記に加えてJR<京都~米原>又は帝産湖南交通<JR瀬田駅~龍谷大学>のいずれか1つが運行中止となった場合も同様に取り扱う。
なお、「運転見合わせ」は、「運行中止」には含まない。

  1. JR<米原~西明石>
  2. 京都市営バス・京都市営地下鉄<全区間>
  3. 京阪電車<出町柳~淀屋橋>
  4. 阪急電車<河原町~梅田、梅田~神戸三宮>
  5. 近鉄電車<京都~橿原神宮前>

(1)午前6時30分時点でJR等のうち2つ以上の交通機関が運行中止となった場合、1・2講時の授業等は休講とする。
また、午前6時30分から第1講時の授業開始前までの間にJR等のうち2つ以上の交通機関が運行中止となった場合も同様とする。

(2) 午前10時30分までにJR等の運行が再開された場合は、3講時から授業等を実施する。
なお、午前10時30分を超えて運行中止の場合は、5講時までの授業等は休講とする。

(3)午後2時までにJR等の運行が再開された場合は、6講時から授業等を実施する。
なお、午後2時を超えて運行中止の場合は、午後2時以降の授業等は全て休講とする。

(4)授業等の実施中においてJR等のうち2つ以上の交通機関が運行中止となった場合は、その都度、交通機関の運行状況等を考慮の上、学長が休講措置の実施時刻を判断する。

4. 前3項にかかわらず、学長が通学不能又は通学困難と認めた場合は、休講措置を実施することがある。

5. この基準に基づく休講措置の実施又は授業等の再開については、その都度、本学ホームページ及びポータルサイトにおいて周知する。

付 則

1.この基準は、平成28年4月1日から施行する。
2.この基準の施行に伴い、授業休止の取扱基準(平成11年12月2日制定)は廃止する。

このページのトップへ戻る