アルバイト紹介

アルバイト紹介システム

本学では、学業と両立できることを条件に、アルバイトの紹介をしています。
アルバイトをする場合は次の留意点に注意してください。

  • 必ず学業と両立できるように、時期・条件等を考慮する。
  • アルバイトするかどうかは、各自の責任で決定のこと。
  • 単にレジャー費、娯楽費かせぎを目的とすることは避ける。

アルバイト申込みと紹介について

様々なアルバイト情報をホームページ上で紹介しています。
利用方法にしたがって、アルバイト情報を確認してください。

※アルバイトは授業に影響のない範囲にとどめて下さい。
 特に1年生は学業を優先して下さい。

職種制限

アルバイトには、大学生が従事するには適当でない職種もあり、大学での紹介を制限しています。各自がアルバイト情報誌等の媒体を通して行う場合は、十分注意してください。

留学生のアルバイトについて

入国管理局発行の「資格外活動許可書」がなければアルバイトはできません。
必ず大学で「資格外活動許可書」の申請をしてください。
入国管理局の許可がおりてから、正規留学生・特別留学生は1週間あたり28時間以内、研究生は14時間以内でアルバイトが認められます。大学の休業期間中は1日8時間以内のアルバイトが認められています。

注意事項

就労条件の確認は事前に必ずおこない、次の問題が起きた場合には、ただちに学生部(深草・瀬田)へ報告してください。

  • アルバイト先に行ってみたら、大学で紹介を受けた条件(職種・仕事内容・賃金)と違っていたとき。
  • 賃金の未払いが生じたとき。
  • アルバイト先で何かトラブルが起こったとき。
  • 不慮の事故が起きたとき、または被害を受けたとき。
    (この場合は、労働基準法が適用され、補償を請求することができます。また、雇用主に療養補償・休業補償(賃金)の支払いを求めることができます。)

詳しくは学生部(深草・瀬田)に相談してください。

このページのトップへ戻る