challenger18

社会学部

松本章伸 コミュニティマネジメント実習
埋もれた“地方力”を映像で呼び覚ませ。
「いきなり!ディレクター」制作日記 -第5弾-

2017.01.10「いきなり!ディレクター」制作日記 -第5弾-

社会学部 松本章伸 コミュニティマネジメント実習 - いきなり!ディレクター

つくりだす という難しさ


“ディレクター” 何もかもかが初めての経験。
手探りの毎日の中、ついに夏休みの撮影合宿が始まりました。
私たち有馬、灘、岡本 3地域のPR班はこの日のために何度も現地に足を運びました。その地域を誰よりも知り、どんな厳しい条件でも最後まで決して諦めず取材交渉 ロケハンを重ねました。


1分1秒でも無駄にはできない撮影。しかし突然の大雨。思うように撮影は進みません。
諦めていたそのとき。太陽が顔をだしはじめました。私たちはすぐに撮影を再開しました。
度重なる困難を乗り越え、撮影とともに不安とプレッシャーでいっぱいだった学生ディレクターの表情は少しづつ和らいでいきました。
作品をつくりだすというむずかしさと向き合い続けた夏合宿でした。


上地 菜摘(龍谷大付属平安高校)