ご支援のお願い

学校法人龍谷大学教育研究等振興資金の寄付金募集について(お願い)

龍谷大学は、1639(寛永16)年に設立された西本願寺の学寮を起源とし、爾来370余年にわたり、建学の精神(浄土真宗の精神)に基づき人間性豊かで深い学識と教養をそなえる人材の養成に取り組んできました。

今後十八歳人口の更なる減少が見込まれ、社会構造の変化や価値観の多様化が進む中、高等教育機関が果たすべき役割は高度化・複雑化し、私立大学を取り巻く環境は急速に変化しています。

本学は、9学部、9研究科、1短期大学部、5付置研究所を擁する総合大学となりましたが、さらに教育・研究の質的向上を図るとともに、地域・社会の発展に寄与できる大学となるべく、第5次長期計画「龍谷2020」の第2期中期計画(2015~2019年度)アクションプランを本格的に実行段階に移し、諸事業を推進しています。

その重点課題の一つとして、2015年度に開設した農学部の理念をさらに拡充し、「食」や「農」に関わる諸課題を多様な観点から捉え、学際的なアプローチも駆使して取り組むことのできる高度な人材の養成をめざして、2018年4月に大学院農学研究科「食農科学専攻」を開設するべく準備を進めています。

教学・研究環境の充実の観点からは、2016年度文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に選定された研究プロジェクトを着実に推進していくとともに、大宮キャンパスにおける教育環境の更なる充実を図るため、新東黌の建設工事に着手しました。新東黌は、文学部歴史学科文化遺産学専攻(2016年4月開設)の教学展開に対応するとともに、大宮キャンパス全体における教育環境を一層充実させるべく、学習支援・コモンスペースを整備しております。また、キャリア支援スペースの充実を図ることで、学生支援・キャリア支援も強化して参ります。

さらに、全学的もしくは各学部の教学展開にかかる新規事業の費用等に対応した財源の枠組みとして、「Ⅰ.全学教学充実費」「Ⅱ.学部教学充実費」「Ⅲ.採択型学部等教学充実費(龍谷IP )」の3つを定め、様々な教学充実方策を実施する体制を構築しました。今後、本教学充実方策を中心として、さらなる教学充実支援を展開して参ります。

学生支援においては、学生の多様な学びの空間として、深草キャンパスと瀬田キャンパスに設置している「龍谷大学ラーニングコモンズ(スチューデントコモンズ、グローバルコモンズ、ナレッジコモンズ)」の機能強化・改善を図り、それぞれの特性・機能に応じた学修支援を引き続き展開して参ります。これらの拠点が有効に活用されることで、正課教育はもちろんのこと、グローバル教育、キャリア教育、就職活動や課外活動などの様々な活動のさらなる充実が図られることになります。

本学では引き続き、「 ”You, Unlimited” 龍谷大学で学ぶ全ての学生に無限の可能性を」のスローガンのもと、学生の成長を主軸においた事業を推進して参りますが、これらの取り組みは、相当の費用が必要となります。従来から、様々な方から特別に協賛のご厚情をいただいており、感謝申しあげているところでありますが、皆さまにおかれましては、本学の取り組みをご理解いただき、より一層のご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

なお、寄付金の募集につきましては、一人でも多くの方々にご協力を賜りたく、ゆうちょ銀行からのお振り込みのほか、インターネットによるご寄付を受け付けております。また、皆様のご意向にそった寄付使途を指定いただくことができるよう対応しております。さらに、本寄付金の他、書籍等を寄付金にかえ、本学図書館の学習用図書の充実を支援する「Ryukoku Books 募金 for Library~あなたの大切な本をながく生かして~」を開始しました。是非ともご協力賜りますようお願い申し上げます。

学校法人 龍谷大学 理事長 石上 智康
龍谷大学 学長 入澤 崇

このページのトップへ戻る