出願について

履修資格

学部科目・本願寺派教師資格科目

高等学校卒業者、もしくはそれと同等以上の学力があると各学部が認める者。

教員免許資格取得科目

本学において、教員免許資格取得科目を履修する場合、下記に注意してください。

  1. 原則として、本学卒業生に限ります。
  2. 出願者の卒業学部にかかわる教科の免許状取得のための履修のみ認めます。ただし、在学中すでに一つ以上の免許状を取得している場合はこの限りではありません。
    教員免許資格取得科目を履修の際は、まずは教職センターにご相談ください。
  3. 教職に関する科目「教育実習指導ⅡA(中学校実習)」、「教育実習指導ⅡB(高等学校実習)」を受講するためには、次の各号に該当していなければなりません。
    1)当該年度に教育職員免許状の取得見込者で、本学で定めている教育実習先修科目(V.教育実習の先修科目一覧表を参照)をすべて修得していること。
    2)「教育実習校」は各自で確保できること。
  4. 教員免許取得には、「教免法」別表第1備考4により、「日本国憲法」(2単位)、「体育」(2単位)、「外国語コミュニケーション」(2単位)及び「情報機器の操作」(2単位)が必要です。また、本学では、「人権論A・B」(各2単位)が必修(「教育実習指導Ⅱ
    A(中学校実習)」、「教育実習指導ⅡB(高等学校実習)」の先修科目)となりますので、未修得者は必ず履修してください。
  5. 社会学部地域福祉学科、臨床福祉学科及び現代福祉学科に設置されている「高等学校教諭一種免許状(福祉)」を取得するための「教科に関する科目」は、科目等履修生が履修できない科目が一部あります。同教科の取得希望者は事前に社会学部教務課または瀬田学舎教職センターにご相談ください。
  6. 「教職実践演習(中・高)」は、後期開講科目ですが、前期に登録を行ってください。また、「教職実践演習(中・高)」の受講資格は、教育実習先修科目の単位を修得している者です。受講を希望する際は、事前に教職センターに相談してください。
  7. 教員免許取得を目標として履修する場合は、「教職に関する科目」と「教科に関する科目」の区分にかかわらず、履修申込書の「教員免許に関する科目欄」に記入してください。
  8. 幼稚園二種の免許状を取得しようとする場合は、短期大学部教務課にご相談ください。
  9. 1998年4月1日から施行の「小学校及び中学校教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」により、中学校一種免許状を取得する場合には「介護等体験」が必要となります。中学校一種の免許状を取得しようとする場合は、必ず受講してください(開講している学舎は、深草学舎及び瀬田学舎です)。
    なお、受講を希望する際は、事前に教職センターに相談してください。
    ※1998年3月31日までに小学校及び中学校の普通免許状を取得している場合は該当いたしません。
  10. 1999年度以前入学生で、新免許法のもとで教職課程に関する科目を履修する場合は、旧免許法(昭和63年改正法)のもとで修得した科目のうち、新免許法に読み替えが可能な科目もありますので、対象となる方は、事前に教職センターに相談してください。

※教員免許取得に関するお問い合せ先は、下記の通りです。
深草学舎教職センター(TEL.075-645-3749)
大宮学舎文学部教務課(TEL.075-343-3317)
瀬田学舎教職センター(TEL.077-543-7668)

特別支援学校教諭一種免許状(旧養護学校教諭一種免許状)
資格取得科目

本学卒業生に限ります(短期大学部卒業生を除く)。
※詳細については、社会学部教務課及び瀬田学舎教職センターにご相談ください。なお「特別支援教育実習」の受講は、別途面談の上、履修の可否が決まります。

図書館司書資格取得科目

本学卒業生に限ります(短期大学部卒業生を除く)。
図書館法施行規則の改正に伴い、2012(平成24)年度から図書館司書課程のカリキュラムが変わりました。2012(平成24)年度からは新カリキュラムの科目を履修可能としています。
2011(平成23)年度以前に図書館に関する科目を一部履修し、2012(平成24)年度以降に科目等履修生として図書館に関する科目を履修する場合は新課程で履修することになります。2011(平成23)年度以前に履修した科目は、新課程の科目に読み替えが可能です。詳細は文学部教務課にご相談ください。

学校図書館司書教諭資格取得科目

本学卒業生に限ります。(短期大学部卒業生を除く。)
教員免許状を取得している者、または教員免許状取得予定者に限ります。

博物館学芸員資格取得科目

博物館法施行規則の改正に伴い、2012(平成24)年度から博物館学芸員課程のカリキュラムが変わりました。2012(平成24)年度からは新カリキュラムの科目を履修可能としています。ただし、2011(平成23)年度以前に博物館に関する科目を一部履修し、2012
(平成24)年度以降に科目等履修生として博物館に関する科目を履修する場合は新課程で履修することになります。2011(平成23)年度以前に履修した科目は、新課程の科目に読み替えが可能です。詳細は該当の学部の教務課にご相談ください。
※「博物館実習」については、原則として履修できません。ただし、本学文学部、理工学部及び国際文化学部卒業生で学内内規に該当する場合に限り、履修が可能となることもあります。

保育士資格取得科目

本学短期大学部等の保育士養成施設を卒業した者。詳細は短期大学部教務課にご相談ください。

大学院科目

大学卒業者、もしくはそれと同等以上の学力があると各研究科が認める者。
※研究科によっては、『大学院修士課程修了者、もしくはそれと同等以上の学力があると研究科が認める者』としていますので、予め当該研究科にお問い合わせください。

履修可能科目および範囲

1)各学部における履修可能な科目は別紙一覧表のとおりです。
詳細は、各学部の授業科目時間割表で確認してください。
複数学部・学舎にまたがって履修する場合は、開講学舎をよく調べた上で申し込みを行ってください。学舎間連続受講となる場合は、移動手段・時間等に充分ご注意ください。
2)第2学期(後期)に履修可能な科目は、別紙「受講可能科目一覧」の【第2学期(後期)申込可能科目】に記載されている科目のみとなりますので開講期に注意してください。
3)大学院各研究科における履修可能な科目は当該学部教務課に確認してください。
4)シラバスについては、3月16日(木)からWebでご覧いただけます。
URL:https://capella.ws.ryukoku.ac.jp/RSW/CNoSSO.do
時間割は受付時に配布します。
5)文学部の1年間における履修は48単位以内に限ります。
6)「介護等体験」「教育実習指導Ⅰ(事前指導)」「教育実習指導ⅡA・ⅡB」「教職実践演習(中・高)」の詳細な開講日程については、教職センターの掲示板に別途掲示しますので、注意してください。
7)政策学研究科提供の履修証明プログラム対象科目については、「履修証明プログラム出願要項」をご参照ください。
8)許可されたとしても、正規学生の履修登録がない場合、不開講となる可能性があります。

願書受付

第1学期(前期)出願期間:通年開講科目、第1学期(前期)開講科目、第2学期(後期)開講科目の受付を行います

学部・大学院 期間 時間

文学部・文学研究科・

実践真宗学研究科
経済学部・経済学研究科
経営学部
法学部・法学研究科
政策学部
国際学部・国際文化学部・

国際文化学研究科
短期大学部

2017年3月22日(水)
2017年3月23日(木)
9:00~17:00
(但し11:30~12:30除く)

理工学部・理工学研究科
社会学部・社会学研究科
農学部

9:00~17:00
(但し11:45~12:45除く)
経営学研究科 2017年4月3日(月) 9:00~17:00
(但し11:30~12:30除く)
2017年4月4日(火) 10:30~17:00
(但し11:30~12:30除く)
政策学研究科
※履修証明プログラム受講者のみ
3月24日・4月1日・3日・4日も出願可能です。

2017年3月22日(水)

2017年3月24日(金)

9:00~17:00
(但し11:30~12:30除く)
2017年4月1日(土) 9:00~11:30
017年4月3日(月) 9:00~17:00
(但し11:30~12:30除く)
2017年4月4日(火) 10:30~17:00
(但し11:30~12:30除く)

※願書受付期間・時間が各学部・研究科によって異なりますのでご注意ください。

第2学期(後期)出願期間:第2学期(後期)開講科目の受付を行います

学部・大学院 期間 時間

文学部・文学研究科・

実践真宗学研究科
経済学部・経済学研究科
経営学部・経営学研究科
法学部・法学研究科
政策学部・政策学研究科
国際学部・国際文化学部・

国際文化学研究科
短期大学部

2017年9月6日(水)
2017年9月7日(木)

9:00~17:00
(但し11:30~12:30除く)

理工学部・理工学研究科
社会学部・社会学研究科
農学部
9:00~17:00
(但し11:45~12:45除く)

※願書受付時間が各学部・研究科によって異なりますのでご注意ください。

願書提出先

学部・大学院 電話番号 住所

文学部・文学研究科・

実践真宗学研究科

(075)
343-3311
大宮学舎文学部教務課
(京都市下京区
七条通大宮東入大工町125-1)

経済学部・経済学研究科
経営学部・経営学研究科
法学部・法学研究科
政策学部・政策学研究科
国際学部・国際文化学部・

国際文化学研究科
短期大学部

(075)
642-1111
深草学舎各学部教務課
(京都市伏見区深草塚本町67)
理工学部・理工学研究科
社会学部・社会学研究科
農学部

(077)

543-5111

瀬田学舎各学部教務課
(大津市瀬田大江町横谷1-5)

■ 国際文化学部教務課は2015年度より深草学舎へ移転し国際学部教務課に統合されました。
■ 郵送での受け付けはいたしません。願書は必ずご持参ください。
※やむを得ず、代理人が願書を提出する場合は、委任状(様式自由)を記入のうえ、持参してください。又、代理人の公的な身分証のコピーが必要となります。

資格取得のために出願される方は願書を以下のとおり提出してください。

資格 願書提出先
図書館司書資格 文学部教務課(大宮)
学校図書館司書教諭資格 文学部教務課(大宮)
博物館学芸員資格※ 文学部教務課(大宮)、理工学部教務課、国際学部教務課
保育士資格 短期大学部教務課
社会教育主事資格 文学部教務課(大宮)、社会学部教務課

※博物館学芸員資格については、卒業した学部教務課にご出願ください。

出願手続

  1. 願書(本学所定用紙)
  2. 申込書(本学所定用紙)
  3. 志望理由書(本学所定用紙)
  4. カラー写真2枚(願書に貼付)縦4㎝×横3㎝
    (1)上半身正面向無帽無背景に限る
    (2)3カ月以内に撮影した写真であること
  5. 最終学校の卒業証明書または修了証明書
  6. 最終学校の成績証明書

※提出の際、願書(C)審査票をお受け取りください。
※5.6.については前年度からの継続履修志願者は不要です。
※第1学期(前期)から引き続き第2学期(後期)に出願手続をされる場合は、3.5.6.は不要です。4.の写真は1枚のみご提出ください。
なお、出願の際には、第1学期(前期)に発行した科目等履修生証をご持参ください。
※6.最終学校の成績証明書を取り寄せできない場合は、成績不発行証明書をご提出ください。
※外国人留学生の出願について
 外国人留学生の方は出願できません。(不明な点があれば、グローバル教育推進センターにご相談ください。)

科目等履修審査料

10,000円

証明書自動発行機にて科目等履修審査料の証書を購入し、願書(A)提出時に添付してください。本学大学院生の学部科目等履修審査料は不要です。
深草学舎(6号館学部教務課フロア、21号館1階ロビー、紫光館1階受付横)
瀬田学舎(1号館エントランスホール、6号館社会学部教務課、9号館農学部教務課前)
〈文学部・文学研究科・実践真宗学研究科の科目を申し込む場合〉
科目等履修審査料の銀行振込用紙を願書受付当日に大宮学舎文学部教務課で受け取って、京都銀行七条支店で審査料を振り込んだ後、納入証明書を願書(A)と共に提出してください〈銀行の窓口業務終了時間に注意してください〉
〈複数学部、複数研究科の科目を申し込む場合〉
各学部、各研究科毎に科目等履修審査料が必要です(例えば、同一人物が文学研究科と文学部の科目を出願した場合、それぞれに対して科目等履修審査料が必要です)。
〈第1学期(前期)申込分に追加して第2学期(後期)に申込をされる場合〉
各々の申し込みに対して科目等履修審査料が必要です。なお、第2学期(後期)申込分を第1学期(前期)にまとめて申し込みされると、第2学期(後期)の科目等履修審査料は不要です。

※提出された書類及び納入された科目等履修審査料は一切返還しません。

審査方法

書類審査を実施します。
なお、政策学研究科の『履修証明プログラム』受講希望者は、書類審査および面接を実施します。(面接日時等の詳細は「履修証明プログラム出願要項」をご参照ください。)

このページのトップへ戻る