• HOME
  • > イベント情報

イベント情報

国際文化学研究科シンポジウム(FD 研究会) 文化のはざまを生きる 〜日本とヨーロッパにおける第二世代移民〜

開催日時
2016年1月27日 13:30 〜 2016年1月27日 17:45
開催場所
深草学舎 和顔館B108教室 MAP
お問い合わせ

2015 年度 龍谷大学国際文化学研究科シンポジウム(FD 研究会)

文化のはざまを生きる

〜日本とヨーロッパにおける第二世代移民〜



いわゆる移民国家においても様々な文化を持つ人々の「統合」や「共生」はますます重要な課題となってきている。一方、ヨーロッパなどの比較的同一的な文化を持つとされる国家での移民の抱え
ている社会的・経済的困難はさらに増大していると考えられている。とりわけ第二世代の問題はホスト国における暴動やテロリズムへと反映しているのではとマスコミでもクローズアップされている。

今回のシンポジウムの第1部では、はじめに多文化のはざまに生きる5人のハーフの複雑な心境や切ない経験を描いた「HAFU ハーフ」(2013)を上映する。
次に第2部では、2名の当事者の方々より個人としての経験や思いなどを語っていただき、現状を具体的に
明らかにしてもらう。第3部では、第二世代移民(全体)のホスト社会での統合の課題についてパネル・セッションを行う。まず、シーガー氏およびタンラン氏には日本やドイツを事例にとった研究成果を報告していただく。その後、樽本先生よりヨーロッパにおける多文化社会の挑戦への取り組みの現状とその課題を明らかにしてもらい、それをもとに日本における課題、とりわけ第二世代に関して考察する予定である。

----------------------------
プログラム
第1部 13:30~15:00

上映会 ドキュメンタリー映画「HAFU ハーフ」(2013)

第2部 15:15~15:45 体験談

1. 菊池まや氏(バングラデシュと日本のハーフ)
2. 飯川椎奈氏(フィリピンと日本のハーフ)

第3部 16:00~17:45 パネル・セッション
1.シーガー・フィオナカタリナ氏(京都大学東南アジア研究所 JSPS フェロー)
  "Migrant Japanese-Filipino Youth in Japan: Reassessing Japaneseness "
2.タンランゴプラダ氏 (龍谷大学大学院国際文化学研究科修士1年)
  "Social Integration of Second Generation Migrants in Germany”
3.樽本英樹氏(北海道大学文学部准教授)
「多⽂化社会への挑戦〜ヨーロッパから⽇本へ〜」 (Challenging towards Multicultural Societies: An Exploration from Europe to Japan)

質疑応答&全体討論

参加方法:参加自由/参加希望者は当日会場にお越し下さい。


チラシPDF(ファイル形式pdf サイズ501kb)

表示

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る