効果的なクラス編成

少人数制

Small-group

英語コミュニケーションコースでは、「話す・聞く」能力を高めるために、少人数制の授業を導入しています。たとえば「Oral Communication」の授業では、ネイティブスピーカーの教員一人に対して、学生は平均15人。一人ひとりがさまざまな役割を演じて会話を行う授業では、教員の細やかな指導が不可欠です。
少人数制によって、あなたの英語力向上をより効果的にサポートします。

Oral Communication の授業風景
Oral Communication の授業風景
Oral Communication の授業風景
Oral Communication の授業風景

レベル別クラス

レベル別クラス

英語の習得には、自分の習熟度に応じた学習が重要となります。英語コミュニケーションコースでは、2年生後期のコース選択後に、プレースメントテストを実施して、習熟度によって4つのレベルのクラスに振り分けます。学生一人ひとりに合わせた指導が受けられ、自分と同じ習熟度の学生でクラスが構成されていることは、高い学習効果と、モチベーションの維持につながります。


コモンルーム

深草キャンパスの4号館 202教室は、英語コミュニケーションコースの学生専用の「コモンルーム」です。学部を越えてコースの学生と、英語を楽しみながら学べる設備が整っています。

コモンルーム
コモンルーム
コモンルーム

このページのトップへ戻る