最新情報

京都マラソン2015における復興支援京念珠ブレスレット販売をスポーツサイエンスコースの学生が実施しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年2月17日

2015年2月15日(日)に開催された京都マラソン2015において、スポーツ・サイエンスコーススポーツマネジメント研究室・松永ゼミの学生プロジェクトチーム「京都マラソン×龍谷大学スポマネlab.×京念珠~京から結ぶ東北との和~」が実施した、東日本大震災復興支援事業への寄付を目的に作製した京念珠ブレスレットの販売が無事終了しました。

今年度は、2015年2月7日(土)に龍谷大学深草町家キャンパスにおいて、約11名の地域の小学生をはじめ保護者の方々にお越しいただき、京念珠ブレスレットの作成に取り組みました。
さらに、当日は、京都念珠製造販売事業協同組合の方にも来ていただき、京念珠についてたくさんのことを教えていただきました。

本取り組みは、2012年3月の京都マラソン第1回大会から実施しており、4回目の実施となります。今回も、京都の伝統工芸品である京念珠を使用したブレスレットを制作、15万4,100円の支援金を集めることができました。また、販売ブースには、京都市長様をはじめ、たくさんの方に足を運んでいただきました。本プロジェクトの実施にご理解、ご協力をいただきました、地域の方々、京都念珠製造販売事業協同組合様や京都市様、そしてご購入していただいたたくさんの皆様に心より御礼申しあげます。

今回のプロジェクトを通じて集めた義援金を、2012年、2013年、2014年と同様に東北の子どもたちを対象とした「スポーツこころのプロジェクト」に全額寄付させていただき、同プロジェクトが現地の小学校で実施する活動にもサポートスタッフとして参加する予定です。今後それらの準備を早急に進めていきます。詳細は、追って大学ホームページにてご報告させていただきます。

京都マラソン×龍谷大学lab.×京念珠 ~京から結ぶ東北との和~
龍谷大学スポーツサイエンスコース スポーツマネジメント研究室一同

プロジェクト詳細内容

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る