最新情報

2015年度から宗教・宗派を越えて「心のケア」を実践 する宗教者 「臨床宗教師」を育成します。 新春シンポジウム「臨床宗教師研修の新たな展開」 を開催。<1月29日(木)14:30~ 於:大宮学舎>

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年1月22日

龍谷大学大学院実践真宗学研究科(以下、実践真宗学研究科)では、2015年4月から「心のケア」を実践する宗教者「臨床宗教師」を養成する大学院教育プログラム「臨床宗教師研修」の新たな展開として、宗教・宗派を越えて社会人の受け入れを可能とする、新たなプログラムをスタートさせます。

「臨床宗教師」は、日本版チャプレンとして病院・被災地などの“公共空間”において、信徒であるなしに拘らず、わけへだてなく人々の悲しみに寄り添い、心のケアを実践する宗教者をさします。2014年度は本取り組みの1年目にあたり、本学大学院生を受講対象としておりましたが、2015年度からは社会人の受け入れも可能とすることで、本来の目的である宗教や宗派を超えて協力しあい、布教や宗教勧誘を目的とせずに、ケア対象者の支えとなるものを尊重しながら、より多くの人に生きる力を育んでいく心のケアを提供することをめざします。

つきましては、本内容の説明を含めた新春シンポジウムを、下記のとおり開催いたしますので、ご取材いただき、広く誌面で取り上げていただきますよう、よろしくお願いいたします。なお、当日は本年度に臨床宗教師研修を受講し、研修を修了した研修生(第1期生)11名の修了証授与式もおこなう予定です。

  • 1.開催日時 1月29日(木)14:30~17:15
  • 2.開催場所 龍谷大学大宮学舎清和館3Fホール
  • 3.プログラム
時間内容
14:30~15:00

<第1部>
2015年度臨床宗教師研修の新応募要項についての説明 

龍溪 章雄(実践真宗学研究科長)
15:00~15:45

<第2部>
特別講演  「医療におけるビハーラ僧の役割」

花岡 尚樹(あそかビハーラ病院ビハーラ僧)
15:45~16:00休憩
16:00~17:00

<第3部>
「臨床宗教師研修で学んだ大切な物語」
発表1 鍋島 直樹(龍谷大学文学部教授 研修主任)
発表2 入江・藤田・柱本・武藤(2014年度・臨床宗教師研修生代表)
アドバイザリー・ボード 20分

谷山 洋三(東北大学大学院准教授)
深川 宣暢(龍谷大学文学部教授)
17:00~17:15臨床宗教師修了証 授与式
  • 4.その他 一般来聴歓迎、申込不要

以 上


107 臨床宗教師シンポジウム.pdf(ファイル形式pdf サイズ0kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る