修了生04

田中 至道 さん

田中 至道 さん(2014年3月修了)

医療法人徳養会沼口医院 臨床宗教師 2014年4月入職

なぜ、実践真宗学研究科に入学しようと思ったのですか

学部生時代の頃から、将来、真宗僧侶として何か活動したいと考えておりましたが、これという答えを見つけ出せず、私なりに踠いておりました。そんな時に本研究科が開設され、ここに私の実践すべき活動が見つかるのではないかと思い進学を決心しました。

実践真宗学研究科でどのようなことを学びましたか

初めに現代社会には様々な課題が山積していることを学び、それに対してどのように真宗僧侶として応えていくのかという問いを持ちました。その中で私は、「医療と仏教」というところに研究の焦点を置き、3年間のプログラムを大まかに方向付けていきました。
本研究科では、各分野においての専門家から本格的な指導を受けることができるのも大きな特徴であります。専門的知識を持った教授陣からの指導とカスタムメイドによるプログラムは、高度な専門性を身に付けるには最適であると思います。また、実習やフィールドワークを通して実践的に学べる点も貴重な経験となりました。基礎的な学びがあっての実践ですが、現場へ赴いて自分の目で見て学ぶことは、様々な気づきを得ることにも繋がります。さらに、実践の仲間や教授陣・外部の方々との出会いが、自分の取り組むべき道を具現化することにもなるでしょう。


田中 至道 さん

現在はどのような仕事・活動に携わっていますか

現在私は、在宅医療に力を入れている医院に就職し、在宅医療チームの一スタッフとして患者様のスピリチュアルケアにあたっています。ケアにあたる主な訪問先は、終末期患者や慢性疾患患者などです。今後、日本社会が直面する超高齢多死社会に対応する為、多職種による医療関係者との協働活動に日々取り組んでいます。

実践真宗学研究科での学びが、修了後の仕事・活動に、どのような影響を及ぼしていますか

何と言っても実践的な研究テーマを持ち、各分野において専門的な学びが出来たことは、修了後の活動に直結しています。特に私の場合は、医療現場における宗教者の活動ですので、高度な専門性が必要となることを日々痛感しております。

今後の目標を教えてください。

近頃は、臨床宗教師に関する報道を目にする機会が多く、日本社会の中で注目されていることを感じています。それと同時に私は、これを只の流行で終わらせてはいけないという思いにかられます。臨床宗教師として活動し始めて、まだ経験は浅いですが、臨床宗教師であるからこそ、生と死の狭間で苦悩する多くの方との尊い出会いがあり、何ものにも代えがたい出会いに喜びを感じています。
今後は、故岡部健先生が提唱された臨床宗教師を日本社会の中で、一職業人として認められる社会が実現できるような働きを担えたらと思っています。


このページのトップへ戻る