葛野 洋明

葛野 洋明 教授

葛野 洋明 教授

真宗学 伝道学

研究内容についてお教えください

仏教は単なる思想ではありません。自らの究極的な依りどころとなる宗教です。
親鸞聖人が顕らかにされた浄土真宗は、ごく普通に生きている私を目当てにした宗教です。「真宗学」の研究は、自らの宗教の特徴を明確にし、その救いがいかに確かであるかを論理的・客観的に明らかにすることと言えるでしょう。
また、宗教はただ個人の思索に止まるものではありません。自らの宗教的よろこびが少しでも一人でも多くの人に伝わり、確かな依りどころとなるよう、いわゆる伝道的側面をもっています。「伝道学」の研究は、主体的な問題でありながら客観的に明示していく「真宗学」の研究を基盤とし、その伝道に関して実践的側面を大事にしつつ研究しています。


現在の専門分野・研究内容のどのような点に魅力を感じますか

私たちは論理をもって理知的に生きようとしていますが、決して論理だけで生きていける存在ではありません。自らの心から紡ぎ出される情によって左右されることが多々あります。
浄土真宗は理論的側面が確立していることはもちろんですが、私たちの情というものも軽視せず、豊に包み込んでいます。 浄土真宗のみ教えを自らが聞きよろこび、そのよろこびを一人でも多くの方と、知的にも情的にも共有できたときは、もう何ものにも代えがたいよろこびを感じることができます。
より効果的な伝道方法を研究するなど、実践的側面をいつも見すえつつ研究していくところに、大きな魅力があります。「真宗学」「伝道学」は宗教者として生きていく上の、根幹を支えています。
この分野は想像されている以上の広がりと深まりがあるのです。

葛野 洋明 教授2


葛野 洋明 教授3

実践真宗学研究科の優れている点をお教えください

カリキュラムを一瞥するだけで、その豊富さに目を見張ることでしょう。しかも「実践」の名に相応しい講師陣とカリキュラムが用意されています。
バラエティに富むというだけではありません。「実践真宗学研究科」の名に相応しく、浄土真宗の教義を明らかに研鑽することができ、実践演習や実践実習を核として、さまざまな専門性をもった教員の指導によって、実践的な視座からの研究ができます。 先行研究が少ない分野などでは、その研究テーマの第一人者を目指すことになり、大きな期待が寄せられています。理論研究とともにグローバルな実践フィールドで実習を行い、専門性と実践力を身に付けることができます。


教員・院生はどのような関係ですか

少人数のゼミなので、院生それぞれの研究課題に取り組むことができます。研究テーマが多岐にわたるので、教員と院生が共に刺激を受けながら、研鑽しています。
多種多様な研究テーマを持った研究仲間がいます。他の院生の研究テーマを聞き、相互に研鑽していくことで、自らの研究に新しい視点が与えられ、視野が広がるなどの相乗効果があります。
実習をより効果的にするためには、事前の計画が重要です。講義時間だけではなく、事前の情報収集や聞き取り調査などの研究作業も行っています。博く深く濃厚に研究を行っています。

実践真宗学研究科への進学を考えている人に向けて一言

真宗学を基礎としつつ、宗教実践のみならず、社会実践までも視野に入れた研究科です。一人ひとりの掲げるテーマはバラエティに富んでいるのが現状です。あなたがこれからの人生でやってみたいことを、この研究科で学ぶことで、高度な専門性を有することができます。
担当する分野は、国際(海外)伝道や、布教伝道をはじめ、寺院活動などについての宗教実践を主に研究しています。ともに研鑽していきたいと思っています。

このページのトップへ戻る