龍谷大学

教職センター

HOME > 学部・大学院・短大 > 教職センター > 教職センター概要 > センター長挨拶

センター長挨拶

龍谷大学では、2009年度に「教職課程教室」を改組して、「教員養成機能」と「交流・支援機能」を有する「教職センター」を開設し、教職に携わる人々を支援しています。

建学の精神に基づき「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間を育成するという本学の教育理念・目的のもと、教職センターでは、「専門性・社会性・実践的指導力に富む良心的で優秀な教員の輩出」を理念とし、豊かな人間性と高い倫理観を備え、社会的責務に対する自覚を有する

  • ・確かな専門的知識と広く豊かな教養を身につけた教師
  • ・人間の成長・発達について深い理解力をもつ教師
  • ・生徒に対する教育的愛情、教育者としての使命感を体現できる教師
  • ・高度な専門性と豊かな経験を基盤としてより高い実践的指導力を発揮できる教師

を育成することを目標に掲げています。

現在では、毎年400人前後の学生・大学院生が650件を超える教員免許状を取得し、多くの卒業生が教育現場で活躍しています。2015年度には、卒業生の交流を目的とした「教壇で活躍する龍谷大学卒業生の会(略称:教龍会)」をより発展させるため、校友会職域支部「教龍会」が発足し、全国で活躍している会員の実践交流を行うだけでなく、教員志望の学生との交流の場を設けています。

また、教職センターでは、2009年度より教員免許状更新講習を実施し、地域の学校、教育委員会、そして卒業生を含む現職教員などとの交流を一層促進することで、学校教育の発展に貢献しています。

社会情勢がめまぐるしく変化する状況下にあっても、課程認定大学に求められる社会的役割と責任を十分に自覚し、常に教員に求められる資質を保証した教職カリキュラムの改善・充実、授業の質の向上に努めるとともに、地域や学校等との連携を積極的に進め、本学独自の質の高い教員の養成を推進していきます。

教職センター長 長谷川岳史

このページのトップへ戻る