最新情報

和歌山県印南町で合宿すると1人最大6,000円の助成が受けられます!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年10月18日

印南町で地域交流すれば、1人あたり最大6,000円の助成を受けることができます
グラウンド、体育館、武道館やテニスコートなどの公共施設はすべて無料で使用可能
本学と連携協定を締結している印南町(和歌山県日高郡)では、「大学連携による若者あふれる
まちづくり事業」の一環として、助成金制度を新設して合宿を実施しやすい環境整備をおこなっ
ています。

印南町で合宿をおこなうと、運動施設や研修室などの公共施設の利用料が無料の上、地域住民と
の交流をおこなう事によって、1人最大6,000円の助成が受けられるなどの特典があります。

今後ゼミ合宿やサークルの合宿などを予定されている場合は、是非とも印南町での実施をご検討
いただきますよう、ご案内いたします。

​                      ​記

1.特典について(指定の民宿の利用が条件)
 ①施設利用料無料
 町内の公共施設(運動公園、体育館、武道館、公民館など)の施設利用料無料となります。

 ②民宿で郷土料理のおもてなし
 民宿でイサキ料理やかきまでごはん等の郷土料理が提供​されます。

 ③ひとり最大6,000円の助成
 地域住民との交流をおこなうことによって、ひとり6,000​円の助成金が支給されます。
 (1泊2日から適用)

2.申込みのながれ
 ①団体の代表者が民宿へ連絡し、予約等をおこなってください。
 ②民宿から印南町役場企画政策課へ合宿実施内容の連絡がなさ​れます。
 ③印南町役場企画政策課から、団体の代表者へ交流事業についての連絡があります。

3.問合せ先
 ①宿泊や施設について
  印南町の各民宿(民宿印南崎、今又旅館、辻井旅館、さつき旅館)

 ②交流事業(助成金制度)について
  印南町役場企画政策課 TEL:0738-42-1736

 ③学内の問合せ先
  REC事務部(京都) 
​  ​TEL:075-645-2098 Email:rec-k@ad.ryukoku.ac.jp
※合宿利用の詳細については、印南町HPまたはパンフレット(学生部に設置)を​ご覧ください。

 印南町HP⇒こちらをクリック

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る