最新情報

社会連携・社会貢献活動報告会2016を開催しました。

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年12月22日

鳥取県と印南町から名産品をご提供いただきました
杉岡先生(福知山公立大学)と本学学生のトークセッション
山内氏(海士町長)から若者への熱いメッセージが伝えられました

12月17日(土)、深草キャンパスにて「社会連携・社会貢献活動報告会2016」を開催しました。当日は学内外から多くの方に御参加いただきました。
今回は、地方創生で注目を浴びる“最強の離島”島根県海士町より、山内道雄町長を記念講演講師としてお招きし、島外から移住者をどんどん受け入れて活性化させる等、成功する同町の取り組みについて御紹介いただくと共に、若者に対する熱い期待を語っていただきました。
事例紹介では、地域で活動する本学学生が、それぞれの取り組みを報告しました。さらに今回の報告会は、京都市より採択された「学まち連携大学」促進事業の一環として位置づけ、「学生と地域が共に学びあう教育をめざして」というテーマの下、本学が全学的に取り組むCBL(Community Based Learning)をキーワードとしたトークセッションを開催しました。講師には学生時代から一貫して地域活性化をテーマに教育・研究を行われている福知山公立大学 杉岡秀紀准教授をお招きしました。杉岡氏からは学生の主体性を引き出す教育手法(AL、SL、PBL、CBL等)をわかりやすく解説していただきました。さらに事例紹介を行った学生とのセッションでは、学生の活動への想いや今後の活動に向けた課題などを、学生からうまく引き出していただきました。
最後に、「ポスターセッション&交流会」では本学の社会連携・社会貢献に取り組む6センターの事業紹介と本学と連携関係にある自治体の名産品や本学と企業との産学連携により生まれた商品を振る舞い、大変好評でした。
RECでは、「地域に根ざした大学づくり」をめざし、各事業を今後も展開していきます。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る