龍谷大学

地域公共人材総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > 地域公共人材総合研究プログラム > プログラム概要

プログラム概要

地域公共人材総合研究プログラムでは、「理論と実践を架橋する」環境づくりと、それを生かしたカリキュラムが充実しています。

これまでにない新たな学びの創造!!
~「理論と実践を架橋する」カリキュラム~

コース概要 地域実践と理論との架橋 密度の高い授業 学内外機関との連携協定 科目履修生制度

 地域公共人材総合研究プログラムは、地方自治体やNPO団体など分権社会において活躍する「地域公共人材」(高度専門的な資質を有する人材)を育成することを目的として2003年度から開設している大学院修士課程のプログラムです。
 法学研究科・政策学研究科から所属することのできる研究科横断型プログラムで、また、科目提供によって共同運営に参加している社会学研究科の一部の科目も履修することが可能です。

分権型社会をにない活躍するすぐれた資質をもつ人材を育成します。

 龍谷大学は「共生をめざすグローカル大学」を21世紀の大学像として、地域と世界を結ぶ教育・研究のさらなる充実にとりくんでいます。
 この大学像に直結する「地域公共人材総合研究プログラム」は、市民活動団体や地方自治体をはじめ、分権社会をになうゆたかな能力・すぐれた資質をもつ地域公共人材の育成を目的とした大学院修士課程プログラムです。研究科を横断して構成する公共政策の総合的な研究機会・学習機会により地域における市民主体の活動を支援する実務教育を展開します。

1.議論と学びを深める密度の高い授業

1.議論と学びを深める密度の高い授業

特別演習

特別演習

必修科目である「特別演習」は、クロスセクターの知的共同体。複数の教員・社会人院生(自治体・NPO等の職員)・学部卒院生による集団指導・教育の機会となっています。

特別演習の詳細

授業

授業

市民社会、政府、市場の各セクターの活動領域が重なりあう公共政策を専門分野として、さまざまな議論を深めます。

授業について

開講科目一覧

論文指導

論文指導

個別、または集団での論文指導を行っています。また、論文のテーマに沿ったインターンシップにより、理論と実践の架橋となる有機的な研究が可能です。

論文指導について

修士論文題目一覧

学外での発表機会支援

都市政策コンペや学会発表の助成制度など、学外で研究内容を発表するにあたって支援制度が整っています。

学外での発表について

科目履修(早期履修)制度とは?

科目履修(早期履修)制度とは?

2.学外機関との連携がもたらす大学院教育改革

2.学外機関との連携がもたらす大学院教育改革

実践の専門フィールドと大学での研究を架橋

地域連携協定団体が提供するフィールドで、大学での研究を実践とつなげるさまざまな学びが得られます。

海外・国内インターンシップ

多様な先駆事例を学び議論する

政策提言力やプレゼンテーション技法、発表技術を習得できる講義が充実しています。

講演会・イベント

(先進的地域政策研究・地域リーダーシップ研究)

自治体・NPOとのコラボレーション

地域連携協定を活用したカリキュラム構成により、一年修了も可能です。

地域連携協定団体むけ推薦制度

3.先駆事例や地域連携と理論との接合

3.先駆事例や地域連携と理論との接合

学内学外機関との連携・協力体制

学内外機関との連携

このページのトップへ戻る