龍谷大学

地域公共人材総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > 地域公共人材総合研究プログラム > プログラム概要 > 特別演習について

特別演習について

特別演習とは?

 地域公共人材総合研究プログラムでは、必修科目としてプログラム所属院生が全員履修する「特別演習」を設けています。10 名から15名程度の規模で、研究科やゼミの垣根を越え、論文作成過程の発表やインターンシップの報告などを行い、プログラム生同士の一体感と「知のコミュニティ」創出の効果を意図して、異なる研究科の2名の教員が指導しています。

特別演習2特別演習3

どのような効果が生まれるの?

特別演習4

プログラム生だけの「特別演習」では、複数の教員をはじめ、社会人(自治体、NPO)と学部卒院生という多様な背景をもつ院生による活発な議論が展開されているだけでなく、プログラム生としての所属意識の高揚により、特別演習合同合宿や、院生自主シンポジウム、修士論文発表会などの院生による自主企画の活動も生まれてきています。

特別演習を担当している先生をPICK UP

白石克孝【政策学部教授】
白石克孝【政策学部教授】

本学は関西圏の市民活動団体や自治体などと地域連携協定を結んでいます。連携団体の職員はキャリアアップに、連携団体は研修や人事戦略に、学生は研究対象の現場を学ぶインターンシップに活用しています。この互恵的連携は、分権型社会における地域公共政策の高度化に対応し、それをになう人材を育成するための、民・官・学による協働のとりくみでもあります。学費減免制度をそなえた推薦入試制度をもつ全国でもユニークな協定です。

このページのトップへ戻る