龍谷大学

地域公共人材総合研究プログラム

HOME > 学部・大学院・短大 > 地域公共人材総合研究プログラム > 修了後の活動・進路 > OB/OGネットワーク

OB/OGネットワーク

修了後のネットワークへ、政策プロジェクトへ

修了後、就職後にも、学友や教員のフィールドと専門性は、実際の政策展開につながるネットワークとなりえます。研究成果が政策提案となり、その具体化を教員や研究機関が支える例も生まれつつあります。
OB、OGネットワークでは、合宿や講演会への参加、メーリングリスト、名簿を活用した大学や仲間とのネットワークづくりにとりくんでいます。

NPO・地方行政研究コースOB/OGネットワークの立ち上げおよびその活用法

栗田 豊一さん
2007年度修了生・東近江市社会福祉課 栗田 豊一さん
このコースの特徴のひとつは、1年間という限られた時間の中で、社会人である院生が、日常の生活・仕事・活動の中で忘れがちであった「学び」という貴重な経験をとおし、各年の院生に「仲間意識のネットワーク」が構築されることです。
今までの卒業生が醸成されてきた各年の「仲間意識のネットワーク」を縦に繋げ全体のネットワークを構築するしくみとして、新たに「NPO・地方行政研究コースOB/OGネットワーク」を立ち上げました。このネットワークを活用することで、卒業後も様々な分野で活躍する卒業生と現役の院生が繋がり、新たな情報や知識、経験を共有し、NPOや地方行政、大学院での取り組みに活用できることを期待しています。ぜひ、このネットワークに参加し、共生(ともいき)を目指しませんか。

このページのトップへ戻る