Smoke free !


6.Smoke free Univ.


本学は、2000年から建物内禁煙を実施し、屋外においても灰皿を設置した場所以外は禁煙としてきました。しかし喫煙が、喫煙者本人だけでなく周囲の人に対しても極めて深刻な健康被害を与えることや、多くの学生が大学入学後に喫煙習慣を身につけている状況を踏まえ、教育機関としてタバコの煙のない快適な教育環境の確保、ならびに禁煙教育を通して健康と命の大切さを身につけた学生の育成が必要と考え、2008年2月から「2009年度からの敷地内全面禁煙を目指す」取り組みを推進し、学友会の協力を得て喫煙の健康被害や敷地内禁煙の必要性を広く訴えてきました。 このたび、受動喫煙を防止するとともに、すべての学生・教職員および大学関係者の命と健康を守り、建学の精神にもとづく教育を実践し、喫煙しない学生を社会に送り出すため、2009年4月1日から敷地内を全面禁煙とすることを決定しました。 喫煙には依存性があり、禁煙することは容易ではありませんが、継続した禁煙教育を通じて喫煙者を減らすことにより、社会に貢献していきたいと考えています。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

1.実施内容
2009年4月1日から敷地内を全面禁煙とする。

2.実施目的
(1)敷地内での受動喫煙を防止する。
(2)学生が喫煙習慣を身につけることを防止する。
(3)すべての学生・教職員の健康の維持増進に貢献する。
(4)命を大切にする学生を育て社会に貢献する。

3.実施場所
深草学舎、大宮学舎、瀬田学舎、南大日グラウンド、 その他、本学の全ての敷地


TOP/1/2/3/4/5/6/7