最新情報

第4回ビブリオバトル開催報告!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年3月25日

深草学舎に新棟「和顔館」(わげんかん)が竣工し、深草図書館もこの和顔館を中心に展開することになりました。今回のビブリオバトルは、この和顔館・深草図書館での初めての催しものとなりました。場所は、深草図書館1階「大円卓」コーナーで実施しました。

また今回のビブリオバトルは、オープンキャンパスの行事の一つとして開催されましたので、高校生も聴衆に加わってのチャンプ本の決定となりました。

さらに今回は、紹介する本のテーマを「龍谷」と設定しました。これは、今回のビブリオバトルが本学の仏教活動奨学生の活動の一環でもあったためです。このため、今回は特に龍谷大学の歴史や行事、学科・専攻に関連した本について、熱く語っていただきました。ビブリオバトルをとおして、受験生や保護者の方に、龍谷大学の様々なことをアピールしてもらえたことと思います。

投票の結果、第4回チャンプ本は、文学部2回生の森本直樹さんの紹介した下記の本に決定しました。

 チャンプ本: 『関揺れる:御中虫句集』(御中虫著)

今回紹介された本とバトラーは下記のとおりです。(当日発表順)

1.『お伽草紙』(太宰治著)
文学部3回生 三井茜さん

2.『夜のピクニック』(恩田隆著)
文学部2回生 塚本忠さん

3.『江戸の本屋さん』(今田洋三著)
文学部3回生 岡田恒平さん

4.『関揺れる:御中虫句集』(御中虫著)
文学部2回生 森本直樹さん

5.『宙ぶらりんの男』(ソール・ベロー著)
文学部3回生 紅林裕太さん 



◎第4回目ビブリオバトルの開催にあたっては、ポスターの作成や当日の司会役などで、経済学部3回生の大瀧佳輝さんに大変にお世話になりました。大瀧さんは第1回ビブリオバトルのチャンプ本の紹介者です。また現在は図書館のライブラリーサポーターとしても活動してもらっています。


   
あなたも新しい図書館で、ライブラリーサポーターとして活動しませんか!
関心のある方は、下記のアドレスまでご連絡ください。
 biblio@ad.ryukoku.ac.jp

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る