最新情報

2017年度指定研究プロジェクト中間報告会

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年12月19日

 学修支援・教育開発センターでは、全学的な教育に関する研究や、教材開発、授業の手法に関する研究を推進するため、毎年度指定研究プロジェクトを進めております。
 この度、指定研究プロジェクト「eポートフォリオの導入および授業展開に関する調査」の中間報告会を以下の通り開催いたしますので、みなさまのご参加をお待ちしております。
 なお、当日は当該指定研究プロジェクトに協力した学生を交えての意見交換も実施する予定です。

テーマ:2017年度指定研究プロジェクト「eポートフォリオの導入および授業展開に関する調査」

報告者:藤田 和弘(教学企画部長、学修支援・教育開発センター長)

     ※当該プロジェクトに協力した学生を交えての意見交換も実施する予定です。

日  時:2017年12月20日(水) 15:00~16:00

場  所:深草学舎 和顔館4階 会議室1

参加対象:本学教職員(特任・非常勤講師を含む)および在学生

事前申込:不要

《研究者コメント》

 大学での学習を支援するICT環境として、Learning Management System(LMS)およびe-Portfolio systemの役割はますます重要となっている。龍谷大学では、2015年度より、LMSとしてmanaba courseを導入し、レポート課題の提示および提出、小テストの実施および回答などが行えるようになっている。また、授業アンケートも、2016年度より従来の紙ベースからmanaba courseを利用したWebベースに移行している。
 次の段階として、e-Portfolio systemの導入を行い、学習支援環境の充実を図る必要がある。 
 そこで、龍谷大学での学生の学習形態を考慮し、e-Portfolio systemの活用方法を考慮したうえで、どのような機能をもったe-Portfolio systemを導入すべきかについて検討を行う。



主催:学修支援・教育開発センター

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る