龍谷大学
top page general information general information サイトマップ

search 
龍谷大学の概要 入学案内 就職情報 教育活動(学部・大学院) 研究活動 社会連携 生涯学習 国際交流 各種組織・部署
TOP > 龍谷大学校友メールマガジン「倶楽部りゅうこく通信」 > TOPICS紹介 > 探訪記第6弾「深草学舎中央広場」探訪記(1/3)

探訪記第6弾「深草学舎中央広場」探訪記

 1  |  2  |  3  | 

とはいってもまずは・・・

ぜひこちらのホームページも見てください。

今回の修景事業のコンセプトやキャンパスの変わりようがよ〜くわかります。壁紙ダウンロードのコーナーもあり、早速私も綺麗な夜景の写真を壁紙にしました。

今回の修景事業で最も象徴的なのは


中央ステージ

やはりこの「中央ステージ」でしょう。

大きなステージの前には芝生が一面に広がっています。
昼休みになれば、ステージ周りのベンチは学生達でいっぱいに。芝生の上で寝っ転がっている学生もいて、気持ちよさそうですね。

今年の龍谷祭はステージが完成して初めて開催される記念すべき回になります。以前は龍谷祭が近づくと図書館前にステージを組み立てていましたが、立派なステージができましたので、今年以降はその必要はありません。

ステージ近くの植え込みに石碑を見つけました

学歌に「公孫樹の蔭に法幢を〜」というフレーズがありますが、この2本の樹はこれから何年先、何十年先も深草学舎を見守りながら大きく成長していくことでしょう。


植樹の記念碑


植樹された公孫樹


ご門主の記念植樹

とことんバリアフリー化


紫英館前の段差も


1号館前の段差もなくなりました

次も修景事業の大きな特徴、「バリアフリー化」です。

舗装が無機質なアスファルトからタイル張りのような透水性平板舗装に変わって大学のキャンパスらしさが増しましたが、そこだけに注目してはいけません。今までの地盤に土を盛って地盤の高さをあげることで、なんと、昔はあった段差がいたる所で消えています!

毎日通って慣れてしまうと当然のように感じられますが、最初は宙に浮いたような不思議な感覚がしてちょっと衝撃的です。皆さんもぜひ体感してみてください。

個人情報保護について アクセス・キャンパスマップ 採用情報 このサイトについて 更新履歴 お問い合わせ先
龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111 FAX 075-642-8867
E-mail:
webmaster@ad.ryukoku.ac.jp
Copyright(C) 1996- Ryukoku University All Rights Reserved