龍谷大学
top page general information general information サイトマップ

search 
龍谷大学の概要 入学案内 就職情報 教育活動(学部・大学院) 研究活動 社会連携 生涯学習 国際交流 各種組織・部署
TOP > 龍谷大学校友メールマガジン「倶楽部りゅうこく通信」 > TOPICS紹介 > 探訪記第7弾「RECコミュニティカレッジ大阪」探訪記(1/2)

探訪記第7弾「RECコミュニティカレッジ大阪」探訪記

 1  |  2  | 

2007年から大阪での生涯学習講座を開始した「RECコミュニティカレッジ」。今回「倶楽部りゅうこく通信」編集部では、シリーズ「いま仏教文化が面白い」と題しておこなわれている大阪での講座「タジキスタンの仏教遺跡」(2007年2月3日実施)を受講してきました。

たくさんの受講者とともに「仏教文化」にふれた今回の講座の様子をレポートします。

とはいってもまずは・・・


RECホール(瀬田キャンパス)

そもそもRECって何だ?とお思いの方もいるかもしれませんが、まずRECは“レック”と読みます。“Ryukoku Extension Center”の頭文字をとった組織で、大学と地域との連携窓口として、1991年に設置されました。“Extension”には、拡充とか普及といった意味があり、RECでは大学の知的資源を活用した生涯学習事業や産官学連携事業を展開しています。設立当時は先駆的な取り組みとして注目されたようです。


RECコミュニティカレッジの講座風景

そのRECが取り組む生涯学習事業のひとつが「RECコミュニティカレッジ」です。年間380の講座を幅広いテーマのもとに実施しています。
今まで、京都・滋賀のキャンパスを中心に講座をおこなってきましたが、昨年度から東京で、そして今年度からは大阪でも講座を開講しています。

前置きはこれくらいに、早速今回の「RECコミュニティカレッジ大阪」を受講すべく、会場となる、大阪・中之島にある中央公会堂へいってきました。京阪淀屋橋駅から大阪市役所を抜けて、足をすすめると・・・。

正面に大きな建物が現れました。大正ロマンの雰囲気を漂わせた中央公会堂です。今回、大阪でのコミュニティカレッジの会場には、この中央公会堂をお借りしました。
大正7(1918)年に建てられたネオルネッサンス様式の赤レンガ造りの建物で、大阪のシンボル的な存在として長年親しまれてきました。近年大規模な改修がおこなわれたようで、装いも新たに、その存在感を表しています。

せっかくなので、記念に正面に回ってパチリ。

さっそく建物の中に入って、今回の会場となる3階の中集会場に向かいました。一歩会場に足を踏み入れると…。すごく豪華な雰囲気です。
シャンデリアに照らされた柱や天井、天井にはステンドグラスもみえます。こんなところで講座を受講するとなると、何かすごく贅沢な気分です。

受講証を渡し、席に座ると、机には今日のレジュメが置かれています。今回受講した講座は、「いま仏教文化が面白い」と題しておこなわれているシリーズの「タジキスタンの仏教遺跡」という講座です。

講師は、龍谷大学・古典籍デジタル・アーカイブ研究センター客員研究員である蓮池利隆先生です。レジュメを眺めていると、蓮池先生のタジキスタンでの現地調査などが紹介されています。
レジュメを読みながら講座の開始を待つことに…。

個人情報保護について アクセス・キャンパスマップ 採用情報 このサイトについて 更新履歴 お問い合わせ先
龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111 FAX 075-642-8867
E-mail:
webmaster@ad.ryukoku.ac.jp
Copyright(C) 1996- Ryukoku University All Rights Reserved