Need Help?

News

ニュース

2018.04.13

実践真宗学研究科・臨床宗教師研修プログラムが「臨床宗教師養成教育プログラム」の実施機関に認定

 去る、2018年3月5日、上智大学において、龍谷大学大学院実践真宗学研究科は、日本臨床宗教師会「臨床宗教師養成教育プログラム」の実施機関として正式に認定されました。

 臨床宗教師とは、被災地、病院、社会福祉施設などの公共空間で、布教・宗教勧誘をせずに、人々の苦悩に寄り添い、生きる力を育む宗教者を指します。実践真宗学研究科では、東北大学大学院と連携して、2014年から臨床宗教師研修プログラムをスタートし、緩和ケア施設や特別養護老人ホーム、東日本大震災被災地やヒロシマ被爆地において人々の悲しみに向き合う臨床実習と、宗教的死生観やスピリチュアルケアを学ぶ理論学修を融合した教育を行っています。
 この度、その本学の取り組みが日本臨床宗教師会認定の臨床宗教師養成プログラムとして認定されました。
 併せて、臨床宗教師研修指導者として、鍋島 直樹らが認められました。

 詳細は、日本臨床宗教師会HPをご覧ください。

   日本臨床宗教師会HP

 また、産経新聞に掲載されました。

   産経新聞