Need Help?

News

ニュース

2017.07.13

政策学部「政策実践・探究演習(国内)福知山プロジェクト」第1回合宿を行いました。

 2017年7月1日(土)~2日(日)、政策学部の「政策実践・探究演習(国内)」福知山プロジェクト(担当教員:只友 景士教授)と福知山公立大学が、福知山市経営戦略課のコーディネートで共同研修をしました。
 7月1日(土)午前、福知山市大江支所で合流して顔合わせ(写真1)、市職員(卒業生)の案内で大江地区での地域資源を知るフィールドワーク(写真2)を行い、午後からは福知山公立大生の案内で、4グループに分かれて福知山市内の商店街など「まちあるき」をしました。
 7月2日(日)は、福知山防災教育センターで、ファシリテーション研修を行いました。8月に予定されている福知山市の「次世代交流ワークショップ」という市民の話し合いの場で、両校の学生たちがファシリテーターを担うことになっています。今回の合宿は、その事前研修が大きな目的でした。午前はアイスブレーク、ファシリテーション・グラフィックの技法を、午後はホワイトボード・ミーティングの技法を研修(写真3)し、実際にファシリテーターとしての練習(写真4)を行うことができました。2日間の研修で、両大学の学生同士の交流も深まりました。
 合宿の最後のふりかえりは、福知山市役所で働いている政策学部の卒業生がファシリテーターとして場を取り仕切り、後輩たちに良い刺激を与えてくれたようです。こうした縦のつながりも、このプロジェクトの強みではないでしょうか。

只友 景士教授 紹介ページ
「政策実践・探究演習」紹介ページ 


写真1


写真2


写真3


写真4