Need Help?

News

ニュース

2017.08.07

古都の仏教「薬師寺現地研修」を実施【文学部】

文学部開講科目「古都の仏教」では、今年度、「薬師寺の仏教と文化」をテーマとして、薬師寺僧侶の方々にも講師としてご協力いただき、リレー講義を行っています。

去る7月15日(土)の講義では、薬師寺現地研修として、午前中に 村上 太胤 薬師寺管主、加藤 朝胤 薬師寺執事長からご講義いただき、午後には 大谷 徹奘 薬師寺副執事長に薬師寺の文化財についての体験型講義(見学・解説)を実施していただきました。

午後からはとても暑い中での見学研修になりましたが、お寺や神社での参拝作法についてもご指導を受けました。

薬師寺鎮守の休ヶ岡八幡宮から薬師寺南大門を通り、西塔・金堂・大講堂・食堂などの伽藍やご本尊についてのご説明を受け、また勧進所では龍谷大学大学院OBの 根来 穆道 氏からご法話いただきました。薬師寺の伽藍などに感動するのみならず、古都奈良の大寺である薬師寺の中で活躍する龍大卒業生を目の当たりにし、それぞれに刺激を受けた一日になりました。


薬師寺研修での 村上 太胤 管主(於:薬師寺まほろば館)


薬師寺研修での 加藤 朝胤 執事長(於:薬師寺まほろば館)


薬師寺研修での 大谷 徹奘 副執事長(於:金堂前) 薬師寺様より人数分の麦わら帽子をお借りしました。