Need Help?

News

ニュース

2017.09.12

臨床宗教師研修が日本スピリチュアルケア学会の「人材養成教育課程」に認定【実践真宗学研究科】

 実践真宗学研究科は、仏教の縁起的生命観を基礎におきながら開かれた立場において、高度な実践的研究力・実践力を身につけた宗教的実践者を養成するために設けられた大学院です。

 2014年度からは、東北大学大学院に続き、全国の私立大学院で初めて、医療福祉機関、被災地などの公共空間において、宗教勧誘を目的とせず、相手の価値観、人生観、信仰を尊重し、生きる力を育む心のケアを実践する宗教者(臨床宗教師)を養成し、32名がこの研修を修了しました。

 去る9月9日(土)、これまでの実績等が評価され、日本スピリチュアルケア学会資格認定プログラム委員会、および理事会において、龍谷大学大学院実践真宗学研究科・臨床宗教師研修プログラムが、日本スピリチュアルケア学会認定「人材養成教育課程」として認められました。

 これにより、実践真宗学研究科の臨床宗教師研修修了生が、日本スピリチュアルケア学会に入会し、申請すれば、審査を経て、「スピリチュアルケア師(認定)」の資格が取得できるようになりました。

 病院や社会福祉施設、学校教員を目指すものにとって、大きな力となる資格認定です。

 実践真宗学研究科の詳細につきましては、以下のページをご参照ください。

  実践真宗学研究科の詳細はこちら