• HOME
  • > 最新情報

最新情報

【硬式野球部】2季ぶりの優勝へあと1勝

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2010年10月11日

2安打4打点の竹内選手(社会・3年)
完投の松岡投手(経営・4年)
ロンロンも会場を盛り上げてくれました。

2010年関西六大学野球秋季リーグ第7節(2010年10月10日(日)、わかさスタジアム京都)対京都産業大学戦が行われました。


1回裏、満塁のチャンスから6番竹内選手(社会・3年)の適時打により2点を幸先よく先制しますが2回、3回と相手の反撃を受け3対2と逆転をされます。その後、相手投手の好投もありチャンスが無いまま8回裏へ。


この回先頭打者の4番古本選手(社会・2年)が内野安打、5番加藤選手(国際文化・4年)がデッドボールで出塁。投手の悪送球も重なり、ノーアウト2・3塁の場面で1回に先制タイムリーを放った5番竹内選手が打席へ。
会場の盛り上がりも頂点に達した最大の見せ場で4球目を右中間へ2点2塁打を放ち逆転。


最後まで松岡投手(経営・4年)が投げきり、京都産業大学に4対3で先勝しました。


翌日行われました第2戦では、相手投手の好投に阻まれ得点をすることができず、惜しくも0対1で試合を落としてしまいました。

12日(火)に行われる第3回戦に勝利すれば、2季ぶり26度目(旧リーグ含む)の優勝が決まります。


みなさまの熱いご声援をお願いいたします。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る