• HOME
  • > 最新情報

最新情報

創立370周年記念「龍谷ミュージアム」の起工式を行いました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2009年7月24日

↑起工式の様子
↑不二川理事長式辞
↑完成予想模型

 2009年7月24日、深草学舎顕真館にて、「龍谷大学創立370周年記念 龍谷ミュージアム起工式」を挙行しました。
 式典には不二川理事長をはじめ多数の理事・監事および関係業者も出席し、また下京消防署長、下京区長、近隣自治連合会長、近隣諸団体代表、西本願寺関係者など多数の来賓の方々にも列席いただき、創立370周年記念事業である「龍谷ミュージアム」の起工<スタート>を盛大に祝しました。
 不二川理事長は式辞で、「龍谷ミュージアムは、本学にとって、正に建学の精神を具現化する施設となる。これは、本学がこれまでに培ってきた教育研究成果や蒐集品の公開や今後展開される多様な学術的情報の発信拠点となる。地域の皆様には、完成にご期待いただくとともに、更なるお力添えをお願い申し上げます。」と語りました。
 龍谷ミュージアムは2011年4月の開館予定で、仏教の誕生からアジアへの広がり、日本の仏教の展開までを分かりやすく紹介する、他に例のない仏教総合博物館です。西本願寺の正面に位置する本願寺会館と本願寺同朋センターの跡地(京都市下京区)に建築し、町並みと調和のとれた和風の外観で、地上3階、地下1階、延床面積は4,440㎡を超える規模を誇ります。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る