• HOME
  • > 最新情報

最新情報

2014年司法試験の結果をうけて

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年9月11日

2014年9月9日、本年度司法試験の結果が発表されました。本学からは8名が合格しました。

今年は、合格者1,810名(うち予備試験合格者が163名)という厳しい状況の中で、過去最高と同数の合格者を得ました。本法科大学院 としては、これまでの努力が形になりはじめたものと自負しています。しかしながら、この成績は、なによりも、合格者諸君の健闘の成果です。合格者にはこころより敬意を表したいと思います。また、ご協力いただいたみなさまには、こころより感謝申し上げます。

残念なことに、第3期生は、本年度を以て卒業後5年となり、受験資格を失いました。新たな道を求めての進路転換になります。引き続き支援していきますので、学習相談制度などを利用して、相談にきてください。

第4期生以降については、次年度から3回制限がなくなり受験資格は5年になります。また、短答試験は3科目 (憲法50点、民法75点、刑法50点)になります。論文重視の傾向が、ますます強くなることでしょう。受験生は、いま一度初心に返り、 若々しく、メリハリの効いた、分かりやすい文章で、必要なことをきちんと書く練習をしてください。また、コア・カリキュラムを意識し、法律の基礎的知識は、体系的かつコンパクトに繰り返し読み返して身に付けてください。

ご承知のように、本学法科大学院は、来年度から入学生の募集を停止し、数年後には法科大学院を閉じることになっています。しかし、わたしたちは、これまで通り、在学生を真摯に指導していきます。修了生にも、これまで通りの支援を続けていきます。

ご支援、ご協力のほどお願い申し上げます。


 2014年9月11日

                                 龍谷大学法務研究科

                                  研究科長 石塚 伸一

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る