• HOME
  • > 最新情報

最新情報

文学部学生が主体で実施する博物館実習・展示会 十二月展「いろはの医 -祈りと医療の歴史」を開催

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年11月27日

龍谷大学文学部の学生が、12月3日(水)から6日(土)まで、「いろはの医-祈りと医療の歴史」をテーマに、博物館実習・展示会(十二月展)を、本学大宮キャンパス本館にて開催します。
博物館実習とは、博物館学芸員資格取得のための授業で、なかでも十二月展は、学習成果の集大成となる実習展示会です。学生が、開催テーマを決定し、展示品となる史資料の調査や収集等、博物館学芸員課程で修得した知識や技術を活かして、企画・運営の一切を担うもので、今年で35回目を迎えます。
現代においては、人びとの病気平癒に対する選択肢が多岐にわたり、「医療」の歴史と文化を見つめ直すことは、社会的に意義があると考え、今年度の十二月展のテーマを設定し、準備を進めてきました。
今回の展示では、「考古学」「神仏」「中国」「民間医療」「近代」の五つの章に分けて、それぞれの切り口から「医療」について紹介します。

展覧会名 : 2014年度 龍谷大学文学部博物館実習「十二月展」
       「いろはの医 -祈りと医療の歴史」
開催期間 : 2014年12月3日(水)~12月6日(土) 〔4日間〕
観覧時間 : 午前9時30分~午後4時30分 (最終日は午後4時受付終了)  入館料無料
会  場 : 龍谷大学大宮学舎 本館展観室(重要文化財)
       (京都市下京区七条通大宮東入る大工町125-1) 

[十二月展 代表的展示品(予定)]
 日野屋江戸出店の図(龍谷大学深草図書館)、本草集註(龍谷大学大宮図書館)、
 牛玉宝印(薬師寺)、墨書人面土器(向日市文化資料館)、解体新書(龍谷大学大宮図書館) 等


問い合わせ先 文学部教務課 堀井・田中  Tel 075-343-3317
2014年度文学部博物館実習十二月展ポスター
墨書人面土器(向日市文化資料館所蔵)
牛玉宝印(薬師寺所蔵)
本草集註(龍谷大学大宮図書館所蔵)
日野屋江戸出店の図(龍谷大学深草図書館所蔵)
解体新書(龍谷大学大宮図書館所蔵)

展示概要説明資料(ファイル形式pdf サイズ0KB)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る