• HOME
  • > 最新情報

最新情報

東日本大震災 2015年度 復興支援ボランティアに関するお知らせ

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年3月11日

灯籠流しの準備をしている様子
ローズガーデンの整備の様子
被災の状況についてお話を伺っている様子

 東日本大震災発生以来、龍谷大学では、学生・教職員が様々な形で復旧・復興を支援する活動に取り組んできました。本学が窓口となって計13回実施した被災地におけるボランティア活動には約400人の学生・教職員が参加しました。
 活動内容も震災発生直後からはずいぶん変化しています。当初は、瓦礫の撤去活動などが中心でしたが、現在では、ご縁が出来た宮城県石巻市雄勝地域で行われている灯籠流しや運動会、仮設商店街のイベント開催のお手伝いなどを地域の方たちと交流しながら行っています。
参加した学生は、実際に被災地に足を運び『見る・聴く・感じる』ことによって、メディアからの情報だけでは伝わらないことがたくさんあることを学び、自分自身の経験を通して物事を判断することを学び、大きく成長しました。

 本学が開催したボランティア活動に参加したことをきっかけに、地域の方とつながり、活動後、何度も雄勝を訪れている学生もいます。

 2015年度もこれまでの活動を継続して、ボランティアバスを複数回運行する予定です。詳細は決まり次第ご案内させていただきます。

2014年第1回東日本大震災復興支援ボランティア報告

2014年第2回東日本大震災復興支援ボランティア報告

2014年第3回東日本大震災復興支援ボランティア報告

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る