• HOME
  • > 最新情報

最新情報

震度5強の地震発生を想定した全学生教職員対象の防火・防災訓練を実施

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年11月20日

 龍谷大学は、11月25日(水)、震度5強の大規模な地震発生を想定した全学生教職員対象の防火・防災訓練を実施します。
 本学では、防火・防災管理委員会のもとで2013年度に「防災マニュアル」を整備し、毎年全学生教職員を対象とする防火・防災訓練を定期的に実施することとしており、今回で3回目の実施となります。
 訓練当日は、授業中に地震が発生したことを想定し、学生および教職員を含めた大規模な避難訓練を実施します。緊急時に各自がどのような行動をとるべきかのシミュレーションをすることで、自然災害に対する危機意識を高めるだけでなく、大学としての危機管理体制の整備を図ります。
 また、今年度はこれまでの訓練に加え、深草キャンパスの学内に設置している井戸プラントの使用訓練も実施し、訓練内容の充実を図ります。



1.日時  2015年11月25日(水)
       深草・大宮キャンパス  12:00~12:30 (2講時終了15分前~)
       瀬田キャンパス     12:20~12:50 (2講時終了15分前~)

2.場所  深草キャンパス避難場所  深草キャンパス中央広場 他
       大宮キャンパス避難場所  大宮キャンパス本館前 他
       瀬田キャンパス避難場所  瀬田キャンパス1号館前 他

3.対象  本学学生    10,203名※(深草 6,173名、大宮 949名、瀬田 3,085名)
       本学教職員  1,051名(深草 564名、大宮 132名、瀬田 355名)
       ※対象学生数は水曜日2講時の受講登録者数
       
4.内容  避難訓練(教室等から避難場所への誘導)
       初期消火活動(消防への通報、消火器・屋内消火栓を使った初期消火)
       救急・救護訓練(けが人の手当、避難場所への搬送)
       安否確認訓練(避難場所でのカードを用いた安否確認)

以上

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る