• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学の3プロジェクトが"活動奨励賞"を受賞!!

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年12月25日

 2015年12月19日(土)、環びわ湖大学・地域コンソーシアムが主催する「環びわ湖大学地域交流フェスタ2015」が開催され、以下の3プロジェクトの報告が、特に優れた取り組みをしている発表に贈られる“活動奨励賞”を受賞しました。

・『大津の特色を生かした地産地消推進モデルの構築』(大津市・龍谷大学)
・『びわ湖大津の魅力発信!ステキな動画製作事業』(サークルワークス・大津市・龍谷大学)
・『龍谷大学政策学部「政策実践・探究演習」守山プロジェクト:話し合いがまちを変える!
  守山市市民参加と協働による骨太の地域づくり参加プロジェクト』(龍谷大学)

 本フェスタでは、地域の課題解決に大学と地域が連携して取り組んでいる「大学地域連携課題解決支援事業」と「学生支援事業」の合計20プロジェクトの活動報告がなされ、龍谷大学から、以下の4プジェクトについて、活動報告を行いました。

<地域課題対応型>
・『大津の特色を生かした地産地消推進モデルの構築』(大津市・龍谷大学)
  生産量が減少している、大津由来の伝統野菜である「坂本菊」と「近江かぶら」の生産量の拡大、
  またそれらを活用した新たな事業展開に向け、農学部資源生物科学科佐藤教授、農学部生が大津市
  と連携し、取り組んでいます。

・『休耕田の有効活用のための園芸作物・畑作物栽培の可能性の検討』(東近江市・龍谷大学) 
  東近江市の所有地の一部を利用し、畑作物や園芸作物の生産の可能性を探ることにより、地域特産
  物を作り、地域の活性化に繋げることを目的としています。農学部資源生物科学科大門教授、米森
  教授が東近江市と連携し、取り組んでいます。
  

・『びわ湖大津の魅力発信!ステキな動画製作事業』(サークルワークス・大津市・龍谷大学)
  「大津の魅力 再発見!」という5分番組をサークルワークス(映像制作会社)サポートのもと龍
  谷大学自身が制作し、ZTV(滋賀県のケーブルTV局)にて放映しています。この活動を通じて
  大津により多くの観光客を誘導することを目的としています。なお、大津市から取材先選定に伴う
  アドバイスをいただいています。

<自主活動型>
・『龍谷大学政策学部「政策実践・探究演習」守山プロジェクト:話し合いがまちを変える!
  守山市市民参加と協働による骨太の地域づくり参加プロジェクト』(龍谷大学)

  本プロジェクトは、政策学部のPBL科目「政策実践・探究演習」の実践・探究プロジェクトの一つ
  として取り組んでおり、具体的なまちづくりの場面での「話し合い」によるまちづくりに、大学お
  よび学生の参画を得ることで、事業実施の円滑化・高度化を図ることを目的としています。


『大津の特色を生かした地産地消推進モデルの構築』の発表の様子
『びわ湖大津の魅力発信!ステキな動画製作事業』の発表の様子
表彰式の様子

「環びわ湖大学地域交流フェスタ2015」案内

『大津の特色を生かした地産地消推進モデルの構築』活動の様子①

『大津の特色を生かした地産地消推進モデルの構築』活動の様子②

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る