• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学福祉フォーラム 支援困難ケースのアセスメントとチーム連携を考える研修会

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年3月18日

 龍谷大学では、福祉という切り口から、地域住民や学生、NPO、行政、企業等、多様な立場の人々が集い協働する場を提供し、“共生”と“協働”をキーワードに、社会のすべての構成員が、生き生きと暮らせる新しい地域づくりをめざして「福祉フォーラム」という組織を設けており、毎年、各種セミナー等を開催しています。
 この度の「福祉フォーラム」では、第14回専門セミナーとして、『支援困難ケースのアセスメントとチーム連携を考える研修会』を企画しており、3月19日(土)、龍谷大学瀬田キャンパスにて、下記のとおり開催いたします。
 今回のセミナーでは、近年、権利擁護支援を必要とする方の多くは、複雑で多岐にわたる課題を抱えており、相談支援者の多くが解決の糸口を見いだせず悩んでいる中で、福祉、医療、司法職など多職種がチームとして継続的に支援をしていけることを目指し、事例を用いてアセスメントの基本を学ぶとともに、福祉的な資源にとどまらず、医療職、司法職が連携できる支援チーム作りについて体験し、学びます。



1.日  時: 2016年3月19日(土) 13:00 - 16:00
2.テーマ : 複数の課題を抱えた支援困難な事例をもとに、以下の視点で事例を深め、
        アセスメントから支援計画の過程を学ぶ
        ①アセスメント段階における支援のポイント
        ②チームアプローチの重要性(責任転嫁や追及ではなく、協働であること)
        ③権利擁護支援に必要な社会資源(司法職、医療職など)との連携の構築
3.進  行: 山田 容(龍谷大学准教授)
4.参加費 : 福祉フォーラム会員 無料/一般 1,000円
5.申込方法: 事前申込必要(E-mailまたはFaxで受付)※3月4日で一般受付終了
6.会  場: 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール
7.対象者 : 福祉現場で相談支援事業に携わる方、司法の現場で権利擁護支援に携わる方 等
8.定  員: 先着40名
9.その他 : 主催  龍谷大学福祉フォーラム
        共催  公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート滋賀支部
        協力  滋賀県社会福祉協議会滋賀県権利擁護センター、NPO法人 成年後見センターもだま

以上

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る