• HOME
  • > 最新情報

最新情報

京都市立京都工学院高等学校と高大連携協定を締結

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年3月25日

3月25日(金)、京都工学院高等学校と高大連携に関する協定の締結式を開催しました。
締結式には、赤松学長、松木平 理工学部長のほか、京都市教育委員会 清水 稔之 教育企画監、京都工学院高等学校 砂田 浩彰 校長が出席されました。
本学理工学部は、高度な専門知識、技術及び技能を有する技術者を育成することを目的として、2006年度に瀬田工業高等学校、八幡工業高等学校、彦根工業高等学校の滋賀県立の三工業高等学校と高大連携協定を締結し、2012年度には京都市立洛陽工業高等学校と高大連携協定を締結し、さまざまな事業を展開してきました。
今般、京都市立の工業高等学校における再編により、洛陽工業高等学校と伏見工業高等学校が統合され、京都工学院高等学校が開設されることとなり、同校との高大連携協定について、洛陽工業高等学校との高大連携協定を引き継ぐかたちで高大連携協定を締結することとなりました。
今後は、理工学部を中心とした高大連携事業のほかに、国際化の推進や地域連携なども協力して取り組んでいく予定です。
協定書に署名する赤松学長と砂田校長
協定書を交換し、握手を交わす赤松学長と砂田校長
関係者による記念撮影
挨拶中の赤松学長
協定締結後におこなわれた記者会見の様子

京都市立京都工学院高等学校

本学の高大連携の取り組み

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る