• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷ミュージアム  10月10日(土)から 秋季特別展「アンコール・ワットへのみち ほとけたちと神々のほほえみ」を開催お得な前売り券は8月29日(土)から発売

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年8月26日

龍谷ミュージアムでは、秋季特別展 「アンコール・ワットへのみち ほとけたちと神々のほほえみ」を、10月10日(土)から12月20日(日)まで開催いたします。ついては、展覧会の見どころ、展示構成などを以下のとおり、お知らせいたします。展覧会関連イベントの情報は展覧会チラシをご覧ください。なお、それに先立ち、8月29日(土)から、お得な前売り券を各種プレイガイドなどで発売いたします。
 また、この特別展のプレス内覧会・開会式等は、開幕前日の10月9日(金)を予定しています。詳細が決まりましたら、改めてご案内いたします。
   
E-mail muse@ad.ryukoku.ac.jp 
HP  http://museum.ryukoku.ac.jp


1.名 称  秋季特別展「アンコール・ワットへのみち ほとけたちと神々のほほえみ」 

2.会 期  2015年10月10日(土)~12月20日(日) 会期62日
       ※開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
       ※休館日   月曜日(祝日の場合は翌日)

3.会 場  龍谷ミュージアム 〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)

4.主 催  龍谷大学 龍谷ミュージアム、日本経済新聞社、京都新聞

5.入館料  前売り料金 一 般1,000円 高大生 600円 小中生300円
        当日料金  一 般1,200円 高大生 800円 小中生 400円
※小学生未満、身体障がい者手帳などの交付を受けている方
およびその介護者1名は無料
6.前売り券取扱い  2015年 8月29日(土)~10月9日(金)
ローソンチケット(Lコード:57943)、セブンチケット(店内マルチコピー機より)、
龍谷ミュージアム受付などで販売。


■展覧会概要・みどころ   
 
9~15世紀にかけて、現在のカンボジアの領域を中心に強大な勢力を誇ったアンコール王朝は、世界遺産アンコール・ワットに代表される豪壮華麗なヒンドゥー教、仏教の美術を各地に残しました。本展では、アンコール朝時代のカンボジア石造彫刻を中心に、タイ、ミャンマーの彫刻もあわせ、東南アジア史上に燦然と輝くその神秘的な造形の変遷をたどります。同時に、日本でもおなじみの様々なほとけたちや神々の姿をわかりやすく紹介します。
 陸上・海上交易を通してもたらされる様々な文化とともに、大乗仏教、上座仏教、ヒンドゥー教が時代によって複雑に交錯した造形美を堪能しつつ、その中にたたえられた宗教文化の多様性を感じ取っていただければ幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■展覧会の構成  

第1章  アンコール彫像の変遷
第2章  ほとけたちと神々の姿
第3章  アンコール・ワットへのみち

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■関連イベント
 特別展に関連した各種イベントを行います。 詳細はHP等でご確認ください。
  
◆記念講演会(要事前申込) 聴講無料・先着200名
○10/17(土) 「仏教と海洋アジア」
・入澤 崇 氏(龍谷大学文学部教授/龍谷ミュージアム前館長)
○10/31(土) 「南方仏教の出家生活:僧侶はいかに生きるべきか」 
           ・佐々木 閑 氏(花園大学文学部教授)
○11/14(土) 「クメール石造彫刻の変遷」
           ・後藤 恒 氏(福岡市美術館学芸員)
○11/21(土) 「現代のタイ国の仏教」
           ・K・プラポンサック(タニヨー比丘)師(タイ国タンマガーイ寺院日本本院住職補佐)
【時 間】 13:30~15:00(全日程)
【場 所】 龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール(全日程)
※ただし10/17(土)は、龍谷大学大宮学舎東黌101教室

◆タイ仏教の法要(要事前申込) 聴講無料・先着150名
○10/24(土) タイ上座仏教の僧侶たちによる法要の解説と実践
【時 間】 13:30~14:30
【場 所】 龍谷大学大宮学舎本館2階講堂

◆ギャラリートーク(事前申込不要) 
○11/7(土)・11/28(土)・12/5(土)・12/12(土) 「学芸員トーク」 学芸員による見所の解説
【時 間】 13:30~14:15
【場 所】 龍谷ミュージアム101講義室(全日程)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る