• HOME
  • > 最新情報

最新情報

西日本一のツバメのねぐらの伏見ヨシ原 龍大生が地域とともにヨシ刈り実施 <2月7日(日)10時~ 於:宇治川運動公園>

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年2月5日

ヨシ刈りの風景

龍谷大学政策学部(京都市伏見区)の学生有志団体「龍谷0DEN(りゅうこくおでん)」が、「宇治川ヨシを守るネットワーク」の方々とともに、西日本一のツバメのねぐらとして知られている伏見のヨシ原にてヨシ刈り体験会を実施いたします。伏見のヨシ原の面積は35haにもなり、体験会では来場者の方々にヨシ刈り体験を通じて、ヨシとヨシ原を知ってもらうことをねらいとしています。
ヨシは別名「葦(あし)」とも呼ばれるイネ科ダンチク類の植物です。すだれや萱葺屋根など古くから日本人の生活に身近な存在として使われてきました。今では、現存するヨシが群生しているヨシ原も全国でおよそ70箇所となりました。中国産のヨシ製品登場などによりヨシの需要も減少しており、ヨシ原の管理も難しくなっています。
「龍谷0DEN(りゅうこくおでん)」では、龍谷伏見ヨシ原の持続的な保全を目指し、ヨシ原の価値を社会へ発信することを目的としています。定期的なヨシ焼き、ヨシ刈りは生態系の維持にも重要となります。



1.取り組み    ヨシ刈り体験会
2.主  催    宇治川ヨシを守るネットワーク
3.協  力    龍谷大学「龍谷ODEN(りゅうこくおでん)」、NPO法人ストップザ温暖化と環境保全クラブ
          山城萱葺株式会社、伏見をさかなにざっくばらん 伏見の環境を守る会
4.開催日    2016年2月7日(日)10時00分~12時00分 ※雨天順延2月14日(日)
          当日7時00分の天気予報で降水確率50%以上の場合、中止順延
          ※当日連絡先:政策学部4年生 小川智也 Tel 090-6964-0995
5.場  所    宇治川運動公園(京阪電車 観月橋駅から徒歩15分)
6.これまでの活動 伏見ヨシ原のツバメのねぐらの観察会、生態調査に参加
滋賀ヨシ灯り展に向けての灯り作品作り
地域住民団体とヨシ商品開発の試作品作り
「きょうと地域力アップ応援フェア」でのヨシの紙漉き体験、ヨシ原保全活動紹介
京エコロジーセンターでの伏見ヨシ原の周知活動

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る